驚きのソニーとMSの提携でGoogle「STADIA」に対抗出来るのか?

ゲームファンにとっては大ニュースの大型提携

あまり大きくは報じられていませんが、ゲームファンにとっては驚きのソニーとマイクロソフトがクラウドゲームで提携しました。

クラウドゲームはサーバー上でゲームを動作させ、インターネット経由で家庭の様々な機器でゲームが楽しめるサービスです。そのため各家庭には専用のゲーム機が不要で、仕様を満たすパソコンやテレビなどの機器があれば、いつでもすぐにゲームをプレイすることが出来ます。

これまでソニーのプレイステーションとマイクロソフトのXboxは長年ライバル関係でしたから、今回のライバル同士の提携にはかなり驚きました。

今回提携に至ったのは今年に入ってGoogleが発表したクラウドゲーム「STADIA」が影響していると思います。ソニー単独で提供しているクラウドゲーム「PlayStation Now」も盛り上がりに欠けますし、今回の提携は両社にとって良いものだと思います。

マイクロソフト Azureを利用したクラウドゲーム

image4319

今回あまり大きく報じられませんでしたが、提携といってもAzure上でクラウドゲームを提供する、プラットフォームの構築で協力するという位置づけで、ソニーとマイクロソフトのクラウドゲームサービスが一本化されるという事は無いのかもしれません。

マイクロソフトもソニーも独自にネットワークゲーム会員サービスを提供しており、かなりの収益となっているでしょうから、簡単に手放す訳は無いと思います。ただし同じようなサービスを提供するなら、共同で開発する方がメリットがあるのは当然です。

クラウドゲームを快適に動作させるには、インターネットの最大通信速度よりも応答性が重要で、世界中にサーバーが配置されているマイクロソフト Azureを利用して、クラウドゲームサービスを提供するメリットは大きいです。

ソニー、マイクロソフト連合はGoogle「STADIA」に対抗出来るのか?

Googleがクラウドゲームに参入することで、その分野においては独走しそうだなと思っていたところでの、まさかのソニー、マイクロソフト連合で少し分からなくなってきました。

クラウド基盤を比較するとマイクロソフト AzureとGoogleのGCP(Google Cloud Platform)は互角だと思います。となるとサービスの中身勝負になると思うのですが、この点についてはGoogleがかなりリードしているような気がします。

まず、世界的に普及しているYoutubeとの連携はSTADIAの専売特許です。ソニー、マイクロソフトはゲーム機との連動が考えられますが、Youtubeに比べると圧倒的に規模が小さいです。

もう一点はインターネット上のルールに与えるGoogleの影響力の大きさです。クラウドゲームの利用はインターネットブラウザを介して行うのがお手軽ですが、現在主流のブラウザはGoogleのChromeベースになっています。マイクロソフトのEdgeブラウザもChromeベースになりました。ウェブをさらにスピードアップさせる技術として、GoogleはQUIC(クイック)という新たなプロトコルを標準にしようとしています。

Googleがインターネット上のルールの最先端を行く限り、その上で行われるサービスの優位性は他社に比べGoogleの方が高そうです。

競争しながら技術やサービスが進歩することで、ユーザーはより良いサービスを安価に受けられますので、Googleの独走状態にならないことは良いことだと思います。現状ではクラウドゲームは月額が高く、あまり利用するメリットを感じませんが、クラウドゲームならではの要素が出てきて、ゲーム機で遊ぶのとは違った楽しさが提供できれば、双方とも盛り上がるのではないかと期待します。

Google「STADIA」がゲーム機を過去のものにすることはまだ無さそう
Googleがストリーミングゲームに本格参入 Googleが2019年中にストリーミングゲーム「STADIA」を開始すると発表しました。 ストリーミングゲームはインターネット上のサーバーで処理した画像を家庭に配信する仕組みであるため...

コメント

タイトルとURLをコピーしました