P5R発売!ペルソナ5も完全版商法から脱却できず。なんだかなあ。。

ペルソナ5は完全版商法無いだろと信じていたが

2019年10月31日発売予定のペルソナ5ザ・ロイヤル(P5R)は、PS4の人気RPG ペルソナ5で語られなかったシナリオを追加した完全版です。

新キャラクター「芳澤かすみ」や「丸喜拓人」などが登場し、本編ではなかった3学期の学園生活が追加されます。

ペルソナ5はかなり楽しみましたし、追加シナリオが遊べることは素直に嬉しいのですが、またもや完全版商法というかたちになったことが残念です。完全版が残念なのではなくて「完全版商法」が残念なのです。

やはり国内外含め批判の声が結構出ています。

ペルソナスタッフによる王道ファンタジーRPG!ペルソナ5に完全版は無し?
アトラスの新プロジェクトが発表!王道ファンタジーRPG始動 アトラスのペルソナスタッフによる新プロジェクトが発表されました。プロジェクト名「PROJECTReFANTASY」ということで、ペルソナスタッフにより新設された「スタジオ・ゼロ」...

ペルソナ5発売直後に新ファンタジーRPGが発表されたため、今回はP5の完全版ではなくこっちに力を入れるのかな?と思ったらそんなことはなかったようです。

P5Rの完全版商法のここが嫌!

image4315

完全版が本編へのダウンロードコンテンツというかたちで、追加シナリオ形式となるなら本編クリアした方はその続きをプレイするだけなのですが、本編内も含め完全版で追加要素があるとなると、始めから遊びなおす必要があります。

ペルソナ信者で本編を何度もクリアするぐらい好きな方なら、全く苦ではないと思いますが、一般的なプレイヤーはやはり辛いと感じると思います。

あと、追加要素のボリュームにもよりますが、本編を買ったかたもフルプライス(9,504円)で再度買わなければいけない、ということが批判の的になっています。

ペルソナ5は海外でも結構売れているのですが、特に海外は完全版商法に批判的ですので、あまりやり過ぎると今後の新作ゲーム販売に響くと思います。

3学期生活や本編ではあまりフォーカスされなかったイベント重視のスピンオフ作品が良かった

P5Rの追加要素である3学期の期間がプレイ出来るのは魅力的で楽しみです。完全版商法には同意できませんが、P5R自体は楽しみです。

今後P5Rの追加要素が発表されると思いますが、本編部分の例えばコミュの内容が変化したり、イベントが追加されたりだと最初から再プレイが必要になります。本編のシナリオにも影響する内容が追加されるかもしれません。これまでペルソナ3、4と完全版も含めプレイしましたが、完全版でのシナリオ追加や補完要素はあまり好きではありませんでした(好きな方ごめんなさい)。P5Rでも同様に本編で終わっておいて欲しかったなと感じるかもしれません。

ですので、本編プラスアルファの完全版ではなくて、3学期の追加シナリオと本編ではあまりフォーカスされなかった学園イベントや私生活にフォーカスしたスピンオフ作品的なものなら、本編を遊んでファンになったプレイヤーも、心機一転遊べたんじゃないかなと思いました。

今後アトラスの新作が発売されるたびに、「完全版が出るから待ちでいいや。」みたいな状況にならないように、売り方も考えた方が良いと思います。

ペルソナ未プレイの方に、ペルソナ5の面白さを紹介する
※追記 当初ペルソナ5発売前に書いた記事でしたが、ペルソナ5プレイ後の内容を盛り込み全体的に編集しました。 シリーズファン以外にはわかりにくいペルソナ5の面白さ 2016年9月15日いよいよPS4/PS3で「ペルソナ5」が発売されます。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました