Google「STADIA」がゲーム機を過去のものにすることはまだ無さそう

Googleがストリーミングゲームに本格参入

Googleが2019年中にストリーミングゲーム「STADIA」を開始すると発表しました。

ストリーミングゲームはインターネット上のサーバーで処理した画像を家庭に配信する仕組みであるため、プレイヤー側(クライアント)の機器は低スペックのPCでも問題無いことが利点です。

今回Googleが開始する「STADIA」はChrome(クローム)ブラウザがインストールされた機器ならば、ゲームをプレイすることが出来るようですので、PCだけではなくスマートフォンやタブレットでも同様に遊べます。従来であればゲーム機を購入しなければならなかったり、PCのスペックが足りずに遊べなかったり、自分のスマホにアプリが対応していなかったり、といった様々な理由で遊べないといったことがありましたが、ストリーミングゲームなら心配無用です。

STADIAはGoogleが運営するYoutubeなどの各種サービスとの連携を強みに、他では真似できないような遊びを提供しようとしています。これまでストリーミングゲームは様々な課題があり普及していませんが、今回本格参入するGoogleのSTADIAには、ゲームの裾野を広げるために頑張って欲しいです。

ストリーミングゲームはいろいろ難しい

image421

「STADIA」には頑張って欲しいと書いたものの、これまでに登場したストリーミングゲームサービスは数年で終了したり、または普及できず細々と運営しているようなものばかりです。かろうじてソニーの「PlayStation Now」が頑張ってはいますが、月額料金が高くここから普及するとは思えません。過去にもストリーミングサービスに関してはいろいろ書いてきましたが(以下)、やはり動画や音楽配信とは違い難しい部分が多いです。

「PlayStation Now」(PSNow)ストリーミングゲームのその先
米で開催中2014 CESにて発表「PlayStation Now(プレイステーションナウ)」日本開始日は未定 ハードウェアに依存しないゲームサービス、PS4、PS3、PSVita、テレビ「BRAVIA」からサービス開始 以前か...
大丈夫か?スクエニ「DIVE IN」ストリーミングゲームサービス
スクウェア・エニックスのストリーミングゲームサービス「DIVE IN」2014年10月9日より開始 ※スクウェア・エニックスより開始時期の延期が発表されました。2014年10月8日現在開始時期未定です。 スクウェア・エニックスはスト...
NVIDIAの「GameStream」発表。各社のゲームストリーミング機能をまとめてみる
ゲームプレイの新しいかたち?ゲームストリーミング機能 ゲームストリーミングでどんなことができるのか? 本来ゲームをプレイする場合はゲーム機(またはPC)とTV(ディスプレイ)が直接つな...
Amazonは何故クラウドゲームに参入するのか?
AmazonだけでなくGoogleやFacebookもゲームビジネスを展開 Amazonクラウドゲーミングシステム「AppStream」でゲームの未来を示す 2014年3月17日~21日に開催されたAmazon Dev Dayに...

ドラクエやFFで有名なスクウェアエニックスも過去にストリーミングサービス「DIVE IN」を開始しましたが、長くは続かず終了しています。グラフィックボードで有名なnvidiaは「GameStream」という名前でストリーミングゲームを本格化させるかもと期待しましたが、現段階では限られた範囲内での利用のみで目立った動きはありません。Amazonもストリーミングゲームに本格参入かと期待しましたが、現時点ではアプリ開発者向けのプラットフォームを提供するのみとなっています。しかし、Amazonに関しては2020年に本格参入というウワサもあります。

過去にも書いていますが、ストリーミングゲームの難しい点は常時5Mbps程度で通信している必要があるというところだと思います。今のご時世「5Mbpsぐらいの速度は余裕だろ」と思うかもしれませんが、常時この速度で通信するというのはなかなか厳しいものです。動画や音楽配信の場合は一方通行ですから、バッファ(本体メモリに溜めておく)しておけば通信速度が一時的に下がっても途切れることなく再生できます。ゲームの場合はプレイヤーの操作を即時に反映させなければならないため、通信速度が下がると即ゲームプレイに影響します。

サーバー負荷も動画や音楽配信サービスに比べると、ストリーミングゲームの方がかなり高くなります。「PlayStation Now」が月額2,315円と高めなのもそういった理由からです。

Googleはなぜ今ストリーミングゲームを始めるのか

GoogleにはAndroidアプリを配信する「Googlel Playストア」があります。Google Playストアで配信されるアプリの収益の一部はGoogle側に入る仕組みになっており、わざわざストリーミングゲームを始めなくとも、Google Playストアでゲームが売れていればいいじゃないかと思うのです。

しかし、最近Google Playストアの高すぎる手数料に反発するように、人気アプリのストア離れが加速しそうな様相です。人気ゲームの「Fortnite」がGoogle Playストアではなく、独自にアプリを配信すると発表し話題になりました。他の人気アプリにも同様の動きが出るかもしれません。また、Amazonが販売するFireタブレットなどは、Amazonが独自に運営するアプリストアからの配信です。

こういった動きによりGoogle Playストアプラットフォームの収益性が悪化する前に、新たなプラットフォームとしてストリーミングゲーム「STADIA」を始めることにしたのではないでしょうか。STADIAが上手くいけばゲーム以外のアプリもストリーミング配信する展開もありそうです。Googleは1年程前から体験版アプリのストリーミング配信を行っていますが、今回のSTADIAを始めるための試験的な試みだったのかもしれません。

STADIAが始まってもゲーム機は過去のものにはならない

Googleのストリーミングゲームサービス「STADIA」が発表されたあと、従来のゲーム機ビジネスに与える影響を懸念し、任天堂の株価が暴落しました。

しかし、先ほども書いたようにストリーミングゲームを快適に遊ぶには、通信環境が整っていないといけません。先進国は光ファイバーも普及していますし、スマートフォンの通信も安定していますが、ネット環境が充実していない国はまだ多くあります。さらに海外では固定料金から従量課金(使った分を支払う)に移行するプロバイダも増えているようです。従量課金でストリーミングゲームをした日には、通信料金がいくらかかるのか分かりません。

そういった点で従来のゲーム機であれば、ネットが普及していない地域は物理ディスクで販売が可能なのは強みです。

あと、PS NOWなど従来のストリーミングゲームをプレイして感じる大きな欠点として、ゲームの起動に時間がかかるということです。サーバー側でデータをロードする時間なのだと思いますが結構長いです。スマホアプリのようにタップして即起動に慣れていると、煩わしいと感じるかもしれません。このあたりGoogle「STADIA」がどうなのか気になる点です。

いずれにしても「STADIA」が始まったとしても、数年はゲーム機の立場は保たれると思います。

今後のストリーミングゲームに期待すること

Googleが口火を切ったことでストリーミングゲームへの注目度が上がることが嬉しいです。ブラウザさえあればどこでも同じ環境でプレイ出来ることは魅力です。

今後のストリーミングゲームに期待することは、ストリーミングゲーム環境にあわせた専用アプリの登場です。これまでは従来のゲーム機向けに作られたゲームをストリーミングでプレイするだけのものでしたが、ストリーミングゲームならではの遊びが出来るゲームが出て欲しいです。

あとは画面サイズに合わせてUI(ユーザーインターフェース)を可変させてほしいです。24インチ程度のPC用ディスプレイを想定して作られたゲームの場合、10インチ以下のタブレットやスマホでプレイすると文字やアイコンが見えにくくなります。画面サイズに合わせて最適なUIとなればプレイしやすくて良いです。

Google STADIAは料金面でもこれまでのストリーミングゲームの常識を超えてくるような気がしていて、今後の発表が楽しみです。あとはGoogleがどこまで本気で取り組むか次第でしょうか。Googleはサービスが軌道に乗らないとすぐに終了してしまうので、STADIAは長く続くサービスであって欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました