スクショも違法?著作権法改正にあわせ画像の転載許可を明示すべき

著作権法の改正案が結構尖った内容に

著作権法の改正案について巷で話題になっています。なぜ話題になっているのかというと、インターネット上の画像をスクリーンショットで保存することも違法な行為となるほど、かなり攻めた内容になりそうな点です。

著作権者の許可を取らずにスクリーンショットを撮ったら即逮捕みたいなことにはなりませんが、最近のネット上では変な正義感から他人を叩く傾向にありますから、ネット上の画像をSNSなどに軽い気持ちで転載することで炎上する恐れも出てきます。

著作権問題を提起してきた漫画家さん達も、今回の改正案には「やり過ぎ」といったコメントが多く見られます。誰のための法改正なのか分からなくなってきました。

法改正にあわせ商品サイトなどは画像転載許可を明示すべき

もしも、今の改正案通り著作権法が改正されるならば、商品サイトなどは画像転載許可を明示すべきだと思います。

最近は商品がヒットする要因として、ネット上での口コミや拡散の効果が高くなってきています。たとえば気に入った商品をSNS上に画像付きでコメントして、そこから口コミで広がるといったことがあります。しかし、法改正により違法の可能性が高くなるとなれば、リスクを考えるとSNSやブログで紹介するのを躊躇してしまいます。

どこから商品人気に火がつくのかは分かりませんので、ユーザーが転載しやすいように、商品サイトのトップに画像転載許可を明示しておけば、商品を気に入った方が気兼ねなく紹介して拡散することが出来ます。

ネット上のデジタルデータの権利を確保することは非常に難しいです。今回の法改正検討の発端は、マンガを違法にアップロードして誰でも読める状態で公開していた違法サイトの存在です。コンテンツを楽しんだらちゃんとお金を払う、という当たり前のことが当たり前に出来るようになってほしいです。くれぐれも違法サイトは利用しないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました