日本開始のYoutube Musicはまだ使う気にならないかも

Youtube Musicようやく日本でも始まったけどイマイチ

2018年11月14日よりYoutubeの各種Premiumサービスが始まりました。少しややこしいのですが、Youtubeの動画や音楽が広告なしで利用できる、「Youtube Premium」と、音楽やMusicVideoに特化した「Youtube Music」とその有料版のPremiumとなっています。

今回、特に私が注目しているのは音楽サービスの方です。

すでにGoogle Play Musicの有料会員の方であれば、自動的にYoutube MusicのPremium会員にもなっていますから、スマホアプリをインストールするだけで、即フル機能が利用出来ます。そうでない方も3か月は無料ですので、興味がある方は試してみてください。

なぜYoutube Musicが気になっていたかというと、Google Play Musicの曲プラスMusicVideoも同じアプリ内で聴けるので、こっちだけで良くなるんじゃないかと期待していたのですが、使ってみての感想は、「まだ使う気にはならないな。」という感じでした。

Youtube Musicの不満点1:開始時点ではには手持ちの楽曲をアップロード出来ない

Google Play Musicにはすでに手持ちの音楽データをアップロード済みですが、それらの楽曲はYoutube Musicからは聴くことが出来ません。新たにYoutube Musicにアップロードすることも出来ません。

将来的には同等の機能を備えるようですが、Googleは事業が軌道に乗らないとあっさり辞めてしまうので、Youtubeの機能が改善される可能性は薄いんじゃないかと感じます。

Youtube Musicの不満点2:プレイリスト再生がメインで楽曲検索が面倒

image4292

私が現在使っているGoogle Play Musicは、曲の検索や新曲の人気曲を探し出すときにユーザーインターフェースがいまいちなのが不満です。Youtube Musicはどうなるのか気になっていたのですが、さらに酷くなっていて驚きました。

Apple Musicの利便性には程遠いなと感じました。

また、Google Play Musicで作成したプレイリストをYoutube Musicに連携出来ないのも不便です。

Youtube Musicの不満点3:著作権違反動画が普通にピックアップされる

これが最も不満かもしれません。

音楽とMusicVideoを同列に扱うことが出来るのは非常に便利だと思うのですが、検索すると上位に著作権に違反してアップロードされた動画がピックアップされるのはどうかと思いました。しかもアプリで再生すると公式か非公式の違法動画かが分かりにくいです。

Youtubeは「コンテンツID」により、違法アップロード動画からも著作権者に収益が出るような仕組みにはなっていますが、機械的に処理しているので完璧ではないはずです。有料サービスとするなら、このあたりはもっとキッチリやった方が良いと思います。

現時点で不満は多いが、Youtube Musicの今後に期待

上にあげたような不満点が解消され、Google Play MusicとYoutube Musicの良いとこどりみたいなサービスに成長することに期待したいです。

あと、不満点には挙げませんでしたが、Youtubeの動画は音量にばらつきがあるため、急に大きめの音量になってびっくりすることがあります。

通常の音楽配信サービスでは聴けないような曲も、Youtubeで公式配信されていたりしますから、Youtube Musicが使えるサービスになれば、かなりのアドバンテージになると思います。

IT・通信
スポンサーリンク
この記事をシェアする

こちらの記事もおすすめ



ちょっと息抜き、過去のクスッとくるツイート集(ランダム)
今日出勤しようとしたら、娘がはなかっぱのエンディングにあわせて踊ってた。玄関からしばらく見てたら寄ってきて、「まだ居たか!早く行けー!」と言われた。見られて恥ずかしかったようだ。
More-interest.GAME

コメント