ようやくApple製品もUSB TypeCへ!バッテリー急速充電に期待

2018新型iPadでUSB-Cが採用とのウワサ

これまでのiPhoneやiPadはApple独自規格のLightningコネクタが採用されていましたが、2018年後半に登場する新型iPadはいよいよUSB TypeC(USB-C)が採用されるとのウワサです。USB-Cを規格化する際にAppleも参加していましたし、もっと早い段階でUSB-Cに移行すると思っていましたが、ようやくといった感じです。

最近はUSB-C製品が増えてきましたから、充電ケーブルが使いまわし出来るのは嬉しいところです。

しかし、Appleは非常に高価な純正周辺機器でもかなり儲けていますから、サードパーティ製のケーブルや機器をそのまま受け入れるのかどうかが気になるところです。

iPhoneやiPadでお手軽に急速充電

image4282

USB-Cの特徴としてはUSB Power Delivery(USB PD)による急速充電です。USB PD対応の充電器とケーブルがあれば、最大100Wでの給電が可能となります。一度これを体験すると元には戻れないぐらい早いです。

iPhoneも8以降はUSB PDに対応しているのですが、急速充電するには純正の「Apple USB-C-Lightning ケーブル」を使わなければなりません。1m 2200円と非常に高価です。

USB-Cに対応することで、サードパーティ製の1,000円程度のちゃんとした製品が購入出来ますから、急速充電が身近になりそうです。ちなみに急速充電を利用する場合は、安価な粗悪品は絶対使用しない方が良いです。最悪スマホが爆発するかもしれません。

独自規格ですと本体の製造原価も高くなりますから、標準規格のUSB-C採用で最近のスマホやタブレットの高価格路線が少しでも緩和されれば良いなと思いつつ、高くても売れる現状ではなかなか安くなることはないのかなとも思ったり。。。せめて周辺機器への支出が減ることに期待しましょう。

IT・通信ガジェット
スポンサーリンク
この記事をシェアする

こちらの記事もおすすめ



ちょっと息抜き、過去のクスッとくるツイート集(ランダム)
娘が天気予報の花粉情報の木から花粉出てる絵を見て、「木がコラー!って怒ってるわ」と言ってる。
More-interest.GAME

コメント