公道マリオカート営業に関する判決が出たようです

公道レンタルカートでマリオカートは運営に損害賠償命令で決着

任天堂が公道レンタルカートサービス業者に対し起こしていた訴訟の判決が出たようです。

株式会社マリカー(現在は別名)という名前も完全NGでしたが、さらにマリオカートのキャラクター衣装などとともにカートをレンタルするという商法に対し、任天堂は訴訟提起していました。

東京地方裁判所において、不正競争行為の差止と損害賠償金の支払い等を命じる判決が下されました。本件は完全にクロだと思いますので、このまま決着となるのではないでしょうか。

任天堂株式会社 ニュースリリース :2018年9月27日
任天堂株式会社のニュースリリースです。

任天堂の商品を利用する場合遊びでも要注意

今回の公道レンタルカートも軽い気持ちで始めたのだと思いますが、任天堂は商品価値を守ることについては力を入れていますから、遊びのつもりでも注意が必要だと思います。

最近SNSを賑わせている「クッパ姫」などは、オリジナルのクッパとは似ても似つかない二次創作(特徴はとらえている)ですが、このクッパ姫を使って商売を始めることは、任天堂的には完全にアウトだと思います。

「クッパ姫キーホルダー」みたいなものを個人製作してメルカリなどに出品したりすると、儲けの何倍もの損害賠償金を後で払う羽目になるかもしれませんので絶対止めておきましょう。

ゲームGAME任天堂ゲーム
スポンサーリンク
この記事をシェアする

こちらの記事もおすすめ



ちょっと息抜き、過去のクスッとくるツイート集(ランダム)
テレビ番組で人間離れした一芸を披露した人に「何故やろうと思ったのか?」との質問に「なんとなくやってみたら出来たんだ」という答えを聞いた娘が「あー、そのタイプね」と納得してたが、他にどんなタイプがいるんだ?
More-interest.GAME

コメント