累計5億台!プレイステーションの歴史を「当時セガ派」目線で振り返る

公式プレイステーションブログで振り返り記事が出たので、負けじと振り返ってみる

歴代プレイステーションのハードウェア世界累計実売台数が5億台を突破し、公式Playstationブログで歴史を振り返る記事が公開されました。

Playstationの公式記事

私はゲーム機の進化をリアルに体験している世代ですので、当時の記憶を辿りながら、かつ初代プレイステーション発売当時は「セガハード派」だった目線で振り返ってみたいと思います。

衝撃!ソニーのゲーム参入と初代プレイステーション発売

image4203

1994年12月3日に発売された初代プレイステーションは衝撃でした。

当時3Dポリゴン(CG)がゲームに活用され始めた時期で、同時期にゲームセンターで稼働していたセガバーチャファイターが大人気でした。当時はテクスチャ(表面に貼る模様)も貼られていないカクカクのポリゴンでしたが、ドット絵とは明らかに違うスムーズな動作が人気の理由だったと思います。そんな新技術(3Dポリゴン)を取り入れたゲームが家庭でも遊べるということがまず驚きでした。

またソニーの戦略で上手かったのが、ゲームソフトの流通改革も同時に行ったことです。当時スーパーファミコンのゲームソフトは、価格が1万円を超えるものも出始めていた時期でしたが、プレイステーションのゲームソフトは5,800円と低価格でした。流通上で中間マージンがかからないようにし低価格化しました。

セガ派の私としては1994年11月22日に発売されたセガサターン推しでした。セガサターンはプレイステーションの高性能ぶりから、急遽メインCPUを1個から2個に増やすという力技で対抗しました。また、当時絶大な人気を誇っていたバーチャファイターが遊べるということで、発売当初はプレイステーション、セガサターンで大差なくシェア争いをしていたように感じます。

当時の覇者、任天堂はまだスーパーファミコンでイケると感じていたのか、新ハードは1996年のニンテンドー64になります。この空白期間が任天堂にとって大きな痛手だったように感じます。

さらなる衝撃!FF7でプレイステーション完全勝利!

そんなこんなで各ゲームハードが凌ぎを削っていた中、超人気RPGの最新作ファイナルファンタジー7(FF7)がプレイステーション独占で発売されることが発表されました。FF7は従来のRPGとは比較にならないぐらい綺麗なグラフィックと世界感でゲームファンを驚かせました。FF7がきっかけでプレイステーションが圧倒的に販売シェアを伸ばしました。

image4209

当時セガ派の私も我慢し切れず、友達から本体ごと借りてFF7をプレイした記憶があります。プレイステーションに搭載されていた、モーションJPEGという一枚絵を連続的に表示させる機能と、リアルタイムな3Dポリゴンをうまく組み合わせた手法は思い返せばスゴイなと思います。当時のゲームハードの性能をうまく使ったゲームデザインでした。

プレイステーションが強かったのは、ゲームソフトの開発がしやすいというのも大きかったのだと思います。セガサターンはあいかわらず従来のセガハード同様に、セガ自身のゲーム以外は非常に少なかったです。

プレイステーション2はMatrixのおかげで一気に売れる

image4204

プレイステーションの好調に引き続き、2000年3月4日にプレイステーション2が発売されました。プレイステーション2はさらなる高性能ぶりと最新機能を発売時には非常にアピールしていました。

  • 128ビットCPU「Emotion Engine」
  • 3Dポリゴンの表現を引き上げるGPU「Graphics Synthesizer」
  • DVDドライブ搭載

上記のような高性能でしたが、特に当時DVDが出始めたころで再生機が10万円という時代に3万9,800円で発売されたことは衝撃でした。DVD再生機としてもかなり売れていたと思います。

さらにプレイステーション2(PS2)にとってラッキーだったのは、映画Matrix(マトリックス)のDVDが爆発的に売れたことです。あの映画をはじめて観た時は、それまでに観たことが無い演出の数々に驚きました。

私がセガハード派に別れを告げたのもこの時期です。PS2発売の少し前、1998年11月27日に発売のセガドリームキャストをすでに持っていましたが、DVDも観られるPS2は羨ましかったです。まあドリームキャスト失敗でセガはゲームハード事業を撤退したので、セガハード派をやめるのは仕方無かったんですけど。。

image4207

とはいえ、ドリームキャストは凄く良いゲーム機でした。歴代セガハードの中では最も完成度が高いと思います。しかし、いかんせん相手が悪いというかPS2が凄すぎました。ドリームキャストにDVD再生機能が無く、専用規格のGD-ROMが採用されたことは、当時何故?と感じた記憶がありますが、今考えてみると当時セガがDVDを採用するのは無理だったのかなと思います。

しかし、インターネットはまだアナログ電話回線の時代に、ファンタシースターオンラインではじめて体験した、ネット上のプレイヤーとリアルタイムに共同プレイする感覚は新鮮でした。シーマンは意味が分からなかったけれど、画面上のデジタル生物に話かけて楽しむ、という感覚は時代を先取りし過ぎた感がありました。最近シェンムーが少し話題になっているのは素直に嬉しいです。

プレイステーション2からアーケードゲーム衰退がはじまる

PS2が発売されるまでは、最新のゲームはゲームセンターのアーケードゲームで登場し、しばらくすると家庭用ゲーム機に移植される流れでした。アーケードゲームの筐体は数十万~数百万円ですから、性能の違いから家庭用ゲーム機にはアーケードよりもかなり劣る映像で移植されていました。

しかし、PS2になると、ほぼアーケード版と同等の映像表現が可能となりました。人気格闘ゲームの鉄拳などはPS2互換の基盤で開発されていましたから、アーケード版登場からあまり期間を置かずにPS2で発売されました。しかも映像はほぼ同じということで、ゲームセンターにわざわざ足を運ぶ人がこの頃から減少しはじめました。

プレイステーション3は夢を見させてもらったが夢で終わっちゃった

image4205

2006年11月11日に発売されたプレイステーション3(PS3)は夢のあるハードでした。PS2のDVDに続き当時最新のBlu-Rayドライブを搭載し、マルチコアCPUのCell Broadband Engineを搭載していました。また、本体にハードディスクを内蔵するなど、パソコンに近いハードウェア構成になりました。

とにかく機能てんこ盛りで、当時はゲームファン以上に映像オーディオファンの方がPS3に熱心だったんじゃないかと思います。

PS3発売日のことは今でも覚えていますが、特にBlu-Rayドライブが品薄で本体の出荷量が極端に少なかったことが印象的です。私はたまたま地方のゲームショップに入荷されたものを発売日に購入出来たのですが、都市部のゲームショップでは混乱となりニュースにもなりました。有名なフレーズ「物売るっていうレベルじゃねえぞ!」もこの混乱の中で発せられたものです。

PS3に搭載されたCell Broadband Engineは、今では主流のマルチコアCPUの走りで8コア(うち7コア使用)で構成されていました。当時はPC用のインテルCPUが1コアのペンティアム4でしたから、当時Cell Broadband Engineで今まで体験したことがないようなゲームが登場しそうだと夢を見させてもらいました。しかしフタを開けてみると、マルチコアCPUでの開発ノウハウが無く、グラフィックを担当するGPUが貧弱だったことや、マルチコアCPUを扱うにはメインメモリが少なかったこともあり、性能を引き出したゲームソフトが登場するまでかなりの時間がかかりました。

ゲーム機専用設計時代が終わりPCゲームの時代に

私はPS3時代にはPCゲームをプレイする時間割合が最も多かった気がします。ゲーム開発会社も家庭用ゲーム機からは離れ、PCゲームにシフトしていきました。海外の開発会社はPCゲームにシフトしより最先端なゲームを開発し、国内のゲーム会社は携帯ゲーム機にシフトし性能勝負からアイデア勝負に移行しました。

このあたりから日本国内のゲーム開発会社と、海外の開発会社で技術格差が広がり始めたと思います。現在はかなり差が縮まってきたと感じますが、まだまだ差は大きいと思います。

PS3は専用設計された最後のゲーム機となりました。最近のゲーマーの方には信じられないかもしれませんが、昔はゲーム機が家庭内のコンピューターの最先端でした。現在のようにPC用のGPUなど手軽に買える時代ではなく、PS2はCPUもGPUも完全専用設計です。PS3からは少しPCと融合し始めましたが、Cell Broadband Engineはほぼ専用設計です。

しかし、PCゲームが主流(特に海外では)の時代となり、ゲーム機のためにCPUやGPUを専用設計するという時代は終わりました。

プレイステーション4で原点に帰る

image4206

PS3で失敗したソニーが、満を持して2014年2月22日に発売したプレイステーション4は、原点に帰ったなと感じました。ソニーはゲーム機である事を主張し、またゲームソフトが作りやすい環境を整えました。

PS4はPS2やPS3に比べると技術面で派手さはありませんが、驚いたのはGDDR5メモリを8GBも搭載していたことです。これまでのゲーム機はコストの関係でメインメモリーは少なめの傾向で、そこがゲーム開発者を悩ませる部分だったのですが、PS4では扱いやすさを優先しメインメモリーはかなり多めに設計されました。

PS3時代にPCゲームやスマホゲームに退避していたゲーマーも、PS4で家庭用ゲーム機に戻りつつあり嬉しい限りです。

セガハード派目線で振り返ってみたプレイステーションの歴史ですが、改めて振り返ってみて感じたのは「セガってとことんツイていない会社だな」という感じでしょうか。自業自得な部分は多々あるものの、セガサターン発売の時点で、もしもソニーが参入していなかったら。とか、いろいろ可能性を考えると面白いです。

今はPS4とニンテンドースイッチが好調ですから、まだまだ家庭用ゲーム機が盛り上がってくれると嬉しいですね。

「メガドライブ大全 増補改訂版」発売に先駆けメガドライブを振り返る
セガゲーム機メガドライブの歴史が一冊に メガドライブ大全の内容がパワーアップして発売「メガドライブ大全 増補改訂版」 雑誌人気コーナーの単行本化「メガドライブ大全」にメガドライブ開発者ロングインタビューや、貴重なメガドライブ開発...
PSゲームゲームGAME
スポンサーリンク
この記事をシェアする

こちらの記事もおすすめ



ちょっと息抜き、過去のクスッとくるツイート集(ランダム)
娘がなんか言ってる「○君はツタージャ、母さんはミジュマル、わたしはポッチャマ、父さんはムスカ」なんで自分だけ非ポケモン?
More-interest.GAME

コメント