新4K衛星放送観るなら2019年冬商戦まで4Kテレビ購入は控えるべき

新4K衛星放送観るなら2019年冬商戦まで4Kテレビ購入は控えるべき

この記事を共有する

2018年12月より新4K8K衛星放送が開始

2018年12月1日より新4K8K衛星放送が開始されます。民法キー局やNHKが参加する一般視聴者向けの実用放送となりますから、これまではあまり関心の無かったかたにも徐々に情報が入ってくるのではないでしょうか。

総務省も4K8K衛星放送について情報サイトにて発信しています。

総務省4K・8K放送情報サイト

ちなみに4K対応テレビは水平3,840画素以上かつ垂直2,160画素以上、8K対応テレビは水平7,680画素以上かつ垂直4,320画素以上を表示できるものになります。これまでのフルHDテレビよりも高精細な映像となり、特に2020年の東京オリンピックをターゲットに普及を進める計画です。

光インターネット系やケーブルテレビ系ならパススルー方式が便利そう

私が加入しているeo光テレビでも2018年12月1日より「新4K8K衛星放送」の提供開始がリリースされました。有線でのテレビサービスの利点は家に衛星放送アンテナを設置しなくて良いことです。

家のテレビアンテナ端子からテレビに繋ぐだけで放送を観ることが出来ます。有線ですと天候など外部の影響も受けにくく安定して高画質な放送が観られます。光ファイバーインターネットを利用している方で新4K8K衛星放送を観る方は、テレビサービスへの加入がおすすめです。

image4188

特にパススルー方式ですと、家中すべての部屋で新4K8K衛星放送が観られて便利そうです。

新4K8K衛星放送は始まるが、テレビ購入は2019年冬商戦まで待つべき

2018年12月1日から新4K8K衛星放送が始まるということで、開始に向けて専用チューナー搭載の4K8Kテレビが続々登場するのかと思いきや、2018年冬商戦では新4K8K衛星放送チューナー搭載テレビは登場しないようです。(現在ごく一部の機種には搭載)

じゃあどうやって新4K8K衛星放送を観るのかというと、外部チューナーを経由してテレビへ接続しなければなりません。光インターネットやケーブルテレビ事業者から提供される専用チューナーか、2018年冬までに登場する新4K8K衛星放送チューナーを購入する必要があります。先ほどパススルー方式が便利そうと書いたものの、現状では各部屋に外部チューナーを置く必要があり実用的ではありません。

東京オリンピックに向けてそろそろ4K8Kテレビ購入を考えている方は、2019年冬商戦(冬ボーナス時期)まで待つべきだと思います。

現時点では家電メーカーが新4K8K衛星放送チューナー内蔵にあまり需要を感じていないようですが、東京オリンピック前になればトレンドが見えてくると思います。

このままではテレビでの4K8K映像視聴は普及しないかも

2020年東京オリンピック前にはある程度4K8Kテレビ需要は高まるとは思いますが、とにかくテレビで4K8K放送を観る方法が一般ユーザーには分かりにくいのが問題です。Youtubeなどインターネットでも4K映像は観られますが、こちらは充分なインターネット回線帯域と4Kモニターがあれば気軽に観ることが出来ます。この気軽さと比較するとテレビでの視聴ハードルは高いなあと感じます。

また、新4K8K衛星放送チューナーには従来のB-CASに代わるACASチップが搭載されています。このような独自ICチップを組み込まなくてはならないことも、チューナー内蔵テレビの発売を遅らせる原因でしょう。いまどきハードウェアで制御する必要は無いと思うのですが、B-CASと同様に「利権がどうのこうの」といった議論がまた出てきそうです。

さらに現在販売されている4Kテレビの多くが、そのままでは新4K8K衛星放送を視聴出来ないということも、すでに4Kテレビを購入した方が知らない事も多いでしょうから、そのあたりも今後不満が出てきそうです。

このまま行くと、さらにテレビ離れが加速しインターネットでの視聴にシフトが加速しそうです。