人気のHuawei P20 SIMフリー購入時の注意点

主要なMVNOで販売Huawei P20の国内発売日が決定

今日から明日にかけて主要なMVNO各社からHuaweiの新スマホ P20の発売が発表されます。いち早くNifMoが発売を発表しました。標準価格は69,800円とスペックの割に安く設定されていると感じました。

image4159

明日12日にはさらに数社から発表されるでしょう。恐らく主要なMVNOである楽天モバイルやmineo(マイネオ)、IIJmioあたりも取り扱いそうな予感。前面はほぼディスプレイのiPhone Xのようなデザインで、背面は綺麗なガラスとなっており高級感があります。Huawei P20は格安スマホユーザーに人気が出そうです。

しかし、Huawei P20購入に関して少し注意しなければならないことがあります。

Huawei P20購入時の注意点

デザインを重視して購入を検討している方は、購入前に以下の注意点だけ確認しておきましょう。

メインチップがKirin 970でゲームをプレイする方は注意

image4156

以下がHuawei P20のスペックです。

 Huawei P20
サイズ(mm)
高さ×幅×奥行
149.1×70.8×7.65
重量165g
画面5.8インチ 液晶
解像度1080×2244(フルHD+)
アウトカメラカラー:1200万画素(f/1.8)
モノクロ:2000万画素(f/1.6)
インカメラ2400万画素(f/2.0)
CPUKirin970
(2.36GHz+1.8GHz、オクタコア)
メインメモリ4GB
ストレージメモリ128GB
バッテリー容量3400mAh
OSAndroid8.0

スペックを見る限り本体RAM容量も多いですし、スマホゲームをプレイするのに支障が無さそうに感じますが、メインチップの「Kirin 970」はアプリによっては快適に動作しない場合があります。最近Huaweiスマホ所持者が増えてきていますから、アプリ側も対応が進んでいるものの少し警戒が必要です。

image4157

また、電車でのゲームプレイにはヘッドホンが必須ですが、3.5mmヘッドホン端子が無くUSB Type-C変換になります。iPhoneユーザーの方はヘッドホン端子が無いことに慣れていると思いますが、いままでヘッドホン端子が付いているスマホを使っていた方は面倒に感じると思います。

国内版Huawei P20 おサイフケータイ非対応

NTTドコモで専売となったHuawei P20 PROは、日本版のみおサイフケータイ対応となったため、P20の国内版もおサイフケータイに対応するんじゃないかと淡い期待を抱いていたのですが、残念ながら海外で発売されるP20同様におサイフケータイ非対応です。

おサイフケータイや交通系のSuicaをスマホで使っていた方は、P20では利用出来ませんので注意が必要です。

Huawei P20ひさびさに欲しいAndroid端末だがひとつ残念な点

私はカメラにそれほどこだわりが無いため、トリプルカメラのP20 ProよりもノーマルなP20の方に期待してました。こちらの方がコンパクトで軽く持ちやすそうです。

しかし、残念な点があります。国内版でラインナップされているボディカラーにTwilight(トワイライト)が無いことです。(以下画像)

image4160

海外でP20が発表された際に、Twilight(トワイライト)が前面に押し出されてアピールされていたと思います。紫っぽくも青っぽくもある色合いが綺麗だなと思っていたのですが、残念ながら国内では発売予定はありません。

国内版のラインナップでしたらMidnight Blueが人気出そうですね。おサイフケータイが無いけど買おうかどうしようか真剣に悩みます。

IT・通信格安SIM
スポンサーリンク
この記事をシェアする

こちらの記事もおすすめ



ちょっと息抜き、過去のクスッとくるツイート集(ランダム)
プールしたいと娘が言うので、20分ぐらいかけて準備したのに、10分くらいで出てきやがった。
More-interest.GAME

コメント