PS4のペアレンタルコントロールが強化!子供がPS4で遊べる時間設定可能に

PS4のペアレンタルコントロールが強化!子供がPS4で遊べる時間設定可能に

この記事を共有する

PS4システムソフトウェア5.50よりペアレンタルコントロールが強化

近日アップデートが予定されているPS4のシステムソフトウェア5.50よりペアレンタルコントロールが強化されます。詳細は以下の通りです。

お子様のPS4®で遊ぶ時間を管理する機能の追加

ファミリー管理者や保護者が、お子様の遊んだ時間(PS4®のログイン時間)を確認したり、遊ぶ時間を制限したりできるようになります。

  • [設定]>[ペアレンタルコントロール/ファミリー管理]>[ファミリー管理]を選びます。スマートフォンやPCからもWebにアクセスすることで、いつでも変更できます。お子様ごとに、例えば次の設定が可能です。
  • その日に遊んだ時間を確認できます。
  • 1日あたりに遊ぶ時間を制限したり、遊ぶ時間帯を設定して夜遅い時間の利用を防いだりできます。曜日ごとに設定することもできます。
  • 設定した時間になると、画面にお知らせがポップアップで繰り返し表示されます。時間を過ぎた場合、自動でPS4®からログアウトする設定もできます。当日に限って遊ぶ時間を延長/短縮することもできます。

お子様の閲覧可能なコンテンツやオンラインプレイの制限を変更できるように

ファミリー管理者や保護者が、お子様が閲覧可能なコンテンツやオンラインプレイの制限を変更できるようになります。

  • [設定]>[ペアレンタルコントロール/ファミリー管理]>[ファミリー管理]を選びます。設定を変更したいお子様を選んで[ペアレンタルコントロール]>[オンラインコンテンツの年齢制限]を選んでください。次の機能のオン/オフを切り替えられます。
  • PlayStation™Storeにおける、お子様の年齢に応じたコンテンツの表示。
  • ゲームプレイ時における、お子様の年齢に応じたオンライン機能の使用。

特に1日あたりに遊ぶ時間を制限する機能は重宝しそうです。PSVitaや任天堂スイッチ、Xbox ONEにも搭載されている機能ですから、ようやくPS4も他機種並みのペアレンタルコントロール機能を手に入れたという感じです。

ペアレンタルコントロールを利用するには、ソニーエンターテインメントネットワーク(SEN)のファミリー設定を行う必要があります。少しややこしいのですが、以下のリンク先を確認すれば概要は分かると思います。

ファミリーとは?-公式

PS4の遊ぶ時間制限はお知らせポップアップの方が良いかも

PS4のペアレンタルコントロール機能に追加される遊ぶ時間の制限については、制限時間を超えた時の処理方法として、お知らせポップアップ表示と強制ログアウトから選択できます。有無を言わさず強制ログアウトと行きたいかもしれませんが、お知らせポップアップに留めておいた方が良いと思います。

PS4は携帯ゲーム機ではなく据え置きゲーム機ですから、ゲーム中の急な中断処理はあまり得意ではありません。以前のアップデートでゲームの中断・再開が可能なレジューム機能が追加されたものの、やはり中断中に停電があったりしたら中断地点から再開出来るか不安です。さらにPS4を複数人で使用する場合は、中断中のゲームを終了しないと新たにゲームを始められないため困ります。

現実的にはお知らせポップアップで終了を促し、きっちりセーブして終了するのが良いと思います。

機能や使い勝手を理解したうえで、適切な設定を行いましょう。まあ時間制限機能を使わなくても、自主的にメリハリを付けられるのが一番ですね。

子供のスマホ依存やネット犯罪に巻き込まれる恐れが心配 子供が習い事や通学で電車に乗る時には、連絡手段として携帯電話を与えます。携帯ショ...