4月発売AppleWatchに対抗するスマートウォッチはどれだ?

4月発売AppleWatchに対抗するスマートウォッチはどれだ?

この記事を共有する

まもなく発売AppleWatchに敵なし?

2015年4月いよいよ発売スマートウォッチ「AppleWatch」

2015年春とだけアナウンスされていたAppleWatchですが、AppleのCEOティムクックによる2015年4月発売との発言がありました。正式な発売日の発表はまだないと思いますが、ほぼ確定でしょう。

AppleWatchの価格は349ドルから日本では39,800円ぐらいからでしょうか?様々なエディションが用意され、超高級バージョンは数十万円になるとウワサされています。詳細なスペックは不明ですが、バージョンによりケースの素材や、ディスプレイ面はゴリラガラスとサファイアガラスと違っていたり、Appleからの続報を待ちましょう。

AppleWatchの魅力に関しては以下の3本のビデオで

AppleWatch外観

AppleWatchには様々なバージョンがありますが、中身は基本的に同じです。AppleWatchの魅力を以下の3本のビデオで確認しましょう。

AppleWatchの強みは豊富なアプリ群でしょう。数百万台クラスで売れることが確実ですし、最初から多くのアプリが登場するでしょう。またバンドを手軽に付けかえられること、ケース部の表示を好みに変えられることから、AppleWatch関連の新たなビジネスが生まれるでしょう。

AppleWatch外観横から

AppleWatchに死角があるとすれば、防水機能が無いことと、バッテリーの持ちが悪いとウワサされていることでしょうか。この点に関しては製品版が出てくるまで分かりません。

独壇場?AppleWatchに対抗できるスマートウォッチはあるのか?

スマートフォンとの連携機能やヘルスケア関連の活動量計の機能など、現在のスマートウォッチに求められる機能はすべて備わっている感もあるAppleWatchですが、他のスマートウォッチで対抗馬となりそうな製品はあるのでしょうか?

Garmin「vivoactive」

Garmin「vivoactive」外観

活動量計機能がメインのスマートウォッチです。電話やメール通知機能はありますが、SNSとの連携機能はありません。アプリは標準搭載アプリでランニング、ロードバイク、スイミング、ゴルフ、ウォーキングを備えています。

ケース部分厚さ8mmとスリムながら、バッテリーは最大3週間持ちます。5気圧防水で多少水に浸かっても大丈夫。価格は249,99ドルです。

同じくGarminの10気圧防水「fēnix® 3」もあります。こちらはバッテリー最大6週間持ちます。時計のデザイン的にはこちらの方が好きですが、少し高くて価格は499,99ドルです。バンドがメタルのものは599,99ドル。

「fēnix® 3」外観

Withings「Activite pop」と高級版「Activite」

スマートウォッチActivite外観

普段使いが可能な普通のアナログ時計なデザインが良いです。廉価版「Activite pop」は149.99ドル、高級版「Activite」は450ドルでスイス製です。5気圧防水。活動量計としての機能のみで、スマートフォンからの通知機能は無いようです。

Activite Pop外観1Activite Pop外観2

特筆すべきはボタン電池で8か月以上ということで、普通の腕時計と同じ感覚で使えます。それでいて日常の運動記録や、睡眠時のスリーピングモニターも可能です。ちょっと心配なのは電池交換です。日本の時計屋で電池交換が出来るのかが不明です。特に防水機能に関しては普通はメーカーで防水性能試験を行いますが、この時計の場合はそういったことが出来ないかもしれません。

Fitbit Surge

Fitbit Surge外観

まもなく発売される活動量計「Fitbit Surge」です。詳しくは以下の記事に詳しく紹介しています。搭載するセンサー類が豊富で、バッテリーで最大7日間使用できます。価格は250ドル程度の予定。

【関連記事】これイイかも「Fitbit Surge」活動量計スマートウォッチ | More-interest.GAME

AppleWatchには機能的に見劣りするが、使用用途により他の製品も魅力的

AppleWatchの対抗馬になりそうな製品をいくつか紹介しました。本来「Android Wear」搭載のスマートウォッチも紹介するところですが、私の感覚的にAppleWatchと比べるともう一歩足りない感じです。

現状AppleWatchと比較対象になるのは、AppleWatchにはない特徴を備えた製品だと思います。独自仕様のOSでロングバッテリー、防水機能があり水に浸かっても使えることがポイントだと思います。

今後のAndroid Wear搭載スマートウォッチの巻き返しと、AppleWatchには無い、特徴を持った製品がどんどん登場して欲しいですね。

【関連記事】モバイルバッテリーの進化は充電方式の多様化へ | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事