PSVita TVや新型PSVitaを家族(子供)で利用するために必要な事

PSVita TVや新型PSVitaを家族(子供)で利用するために必要な事

この記事を共有する

PSVITA TVアイキャッチ

Sony Entertainment Networkアカウント(SENアカウント)について再確認しよう

image188

SENアカウントの種類についておさらい

今月PSVita TVが発売され家族(複数人)で1台のゲーム機に触れる機会が増える場合など、SENアカウントが一つだけだとなにかと不便です。
SENアカウントの仕組みについておさらいしましょう。
公式ページの以下のページが詳しいです。まずはこちらを確認することをおススメします。

Sony Entertainment Networkアカウントの取得方法

子供に与える場合はSENサブアカウントで設定しましょう

PS3などは複数アカウントを使い分けることが可能ですが、PSVitaやPSVita TVは基本的に一つのアカウントを登録します。

PSVitaを購入し子供に与える場合はサブアカウントを設定しましょう。
マスターアカウントにクレジットカード情報が登録されていると、ワンクリックで買い物出来てしまうので間違って購入することも考えられます。

PSVita TVの場合はリビングで複数人が利用する事もあると思いますが、発売時点ではアカウントの切り替えが出来ないのが厄介です。(将来的に対応してほしい)
とりあえずサブアカウントを登録するのが間違いないですが、親が18歳以上推奨のソフトをプレイしようとしても出来ません。

PSVita TVは18歳以上のサブアカウントで登録するのがベスト?

まだPSVita TV発売前なのではっきりしたことは言えませんが、18歳以上のサブアカウントで登録するのがベストではないでしょうか。
あまり褒められた方法ではないかもしれませんが、サブアカウントは17歳以下しか作れませんので17歳ギリギリの生年月日で作成すれば、18歳になった時点でそのサブアカウントでも18歳以上推奨ソフトが遊べそうです。
18歳以上になっていてもマスターアカウントで行ったウォレットの使用制限はそのままのはずです。

アカウントや子供の使用制限について見直してほしい

ソニーのゲーム機は子供向けをあまり意識していないのか親が子供に安心してゲーム機を渡せません。どうしても任天堂のゲーム機の方が安心出来ます。
ソニーのゲーム機の方が多機能でそのまま渡すと生じる問題が多いこともありますが、もう少し利用シーンを考えて設計してほしいです。

PSVita TVは安く購入できるしPSPやPSアーカイブスのソフトもプレイできる非常に魅力的なゲーム機なので、家族で安心して利用できる工夫をお願いしたいところ。

※追記
先日のver3.00アップデートよりペアレンタルコントロールが追加されました。
このアップデートは非常にありがたいです。
http://manuals.playstation.net/document/jp/psvita/settings/parental.html

PSVitaTVこれ安いし買っちゃいましょう-過去記事