光コラボで競争激化!料金値下げ競争加速本当にそれでいいの?

光コラボで競争激化!料金値下げ競争加速本当にそれでいいの?

この記事を共有する

急増する通信事業者から選択するのはかなり面倒、次なる展開に期待

NTT光サービス卸利用による新サービスが早速登場

2015年2月1日より開始される、NTT東西による光サービス卸「光コラボレーションモデル」。これまでNTT東西が販売していたフレッツ光回線を、他の事業者にサービス卸することで、各社光ファイバーインターネット事業への参入が容易になります。

特にインターネットプロバイダー事業を行っていた会社は、設備的な問題もクリアで即サービスを開始出来るため、2月早々から新サービスを開始予定です。

やはり最初はスマホと光インターネットのセットが中心

今回のNTT光コラボでNTTドコモ割がはじまることは規定路線です。その他にも最近MVNOで格安スマホをサービスしている、U-NEXTとビッグローブがサービス開始を発表しました。ソフトバンクモバイルも光コラボを利用した割引サービスを予定しています。

スマートフォンの通信料金競争が激化しており、スマホ単体では値引きに限界があります。光インターネットとスマホ両方を利用してもらい売上を上げていくしかないでしょう。

光コラボでさらに選択肢が増えすぎて利用者は大変

光コラボで様々なサービスが生まれることで、利用者利益になるという考え方もありますが、結局どれを選べば良いのか?という選択が大変です。売る側も他社との違いをどう説明するか苦慮するでしょう。料金競争が過熱し過ぎると総負け状態になり危険です。一度下がった料金を再度上げるのは難しいでしょう。

光コラボ開始で通信事業者が増えて、どこが良いか分からないという状態になると、大手キャリアに留まる人が増えるかもしれません。通販サイトはたくさんあるものの安心感からAmazonを選んでしまうように、選択肢が多すぎると選ぶのをやめて安心を求めがちです。光コラボ開始で一見大手キャリア以外にチャンス到来かと思いきや、さらに大手志向になる可能性も高いかもしれません。

光コラボによるサービスと通信のワンストップサービスに期待

あるサービスを利用するとき、「インターネットへの加入が必要です。」となっていれば、利用者は別途インターネット回線を用意してから、そのサービスを申し込む必要があります。それがサービスに申し込むだけでインターネットも利用できるようになれば、面倒な手続きが減り利用者メリットは大きいです。ただし、単独でインターネットを申し込むよりも法外に高かったりすると問題です。サービス利用料にインターネット料金も組み込まれ、かつインターネット単独で申し込むより割安であれば嬉しいですね。通信だけを売るのでは差別化は難しく、サービスの利用に必要なインターネットをセットで売るというかたちに変化していくのではないでしょうか?

次世代5GやIoTによるデバイスの多様化。通信だけを売るのは限界では?

image1570

光インターネットも含めた将来の通信事情を考えると、次世代のモバイル通信5Gでは様々な周波数帯を利用して、通信速度を上げていく方向になっていきます。また身の回りの様々な機器がネットに繋がり、通信トラフィックも膨大なものになるでしょう。5Gでは大手キャリアNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの3社がそれぞれインフラを整備すると思いますが、必要なアンテナも4Gに比べ膨大な数が必要なうえ、様々な周波数帯に対応する必要があります。また技術的にも高度なものが要求されるため、3社とも同じような設備を構築することは非常に無駄が多いです。

昔「光の道構想」という光ファイバーを全世帯に整備し、開放して様々なサービスに利用するという案が出されましたが、モバイル通信こそ3社で整備する役割分担を決め、構築したインフラをサービス事業者へ開放することで、効率の良いネットワーク環境で高度なサービスが実現できるのではないでしょうか。

従来のように利用者がどこか1社の通信事業者と契約し、使用端末などの制約を受けながら使うのではなく、サービス契約を行うだけでサービスに適切なインフラが利用できる事が望ましいです。サービスを行う事業者が、必要な周波数帯やエリアで通信事業者と契約し、通信事業者にかかる料金はサービス利用料から徴収されます。利用者はどこの通信事業者のどの回線を利用しているか意識する必要がないのです。

多用化するサービスに通信インフラの整備を追いつかせるのは、今後非常に困難です。しかも料金競争で売上も減る一方となれば、サービスの質低下という事態が起きます。さらにMVNO事業(海外の話ですが)にGoogleが参入するという動きもあります。

自由競争も良いのですがインフラは有限です。そろそろインフラを有効に使う方向にシフトしても良い時期ではないでしょうか。

【関連記事】日本の通信が激変?NTT光サービス卸の本当の狙い | More-interest.GAME

【関連記事】NTT東西の光回線卸売りで海外事業者に独占される恐れ | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事