コーヒーメーカーやっぱ便利!タイガーカフェバリエ(ACT-A040)の使用感、実消費電力も測ってみた。

コーヒーメーカーやっぱ便利!タイガーカフェバリエ(ACT-A040)の使用感、実消費電力も測ってみた。

この記事を共有する

タイガーカフェバリエが良い!電気ケトルと消費電力対決

はじめてコーヒーメーカー購入、タイガーカフェバリエ(ACT-A040)に満足

image2235

これまで電気ケトルでお湯を沸かして、ペーパードリップでコーヒーを作っていたのですが、コーヒーメーカーが急激に欲しくなり、探してみるとタイガーのカフェバリエ(ACT-040)が良さそうに思い、速攻でAmazonに注文しました。

8,500円程度と非常に安いのもポイント高いです。

サイズは高さ342mm、幅181mm、奥行279mmです。重さは3.2kg。満水で0.54L作れます。コーヒーカップで4杯分です。消費電力は1000W。

タイガーカフェバリエの気に入ったポイント

3タイプの作り方が出来る点が一番のポイントです。

image2229

一般的なペーパーフィルターをセットしてコーヒーを作るスチームドリップは、コーヒーと100円ショップで買ってきたフィルターだけで作れるので、コストパフォーマンス抜群です。蒸らしてからドリップしてくれるので、自分でお湯を注いで作るより美味しく出来ます。

image2230

UCC上島珈琲から発売されている「エコポッド」をセットして作る方法もあります。1杯だけ作る場合はコレだと2分程度で出来るので楽です。作った後もそのまま捨てるだけです。コストパフォーマンスはちょっと悪いですね。

image2231

最後はカフェポッドで作る方法です。こちらも1杯だけ作るのに適しています。いまいちエコポッドとカフェポッドの違いが分からないのですが、カフェポッドはUCC以外からも発売されていますので、種類の多さはこちらです。価格はそれほど変わらないんじゃないでしょうか?

ネスカフェのバリスタのように、専用のシステムパックを使うものなどが売れていますが、ランニングコストを考えると昔ながらのペーパーフィルターが使える方が良いです。さらにエコポッドやカフェポッドなどの便利グッズも使える、タイガーカフェバリエは非常に良い製品ですね。

image2233

またタイガーと言えば魔法瓶ですが、付属の真空ステンレスサーバーの保温力が高いです。1~2時間ぐらいは熱々のまま保ってくれます。

タイガーカフェバリエでコーヒー4杯入れるのにかかる時間や消費電力

カフェバリエのコーヒーをドリップする時間計測

カフェバリエで最大量コーヒー4杯分を作るのにかかる時間を計測してみました。作る方法はペーパーフィルタによるドリップです。レギュラーボタン(開始ボタン)を押してから完了音が鳴るまでの時間を計測。

結果は約6分でした。

コーヒーのドリップ自体は5分ぐらいで終わっている感じですが、そこから完了音が鳴るまで1分ほど待たされます。やけど防止でそういう待ち時間があるのかもしれません。(完全な予想です。)

カフェバリエ使用中の消費電力は?

カタログスペックは1000Wですが、実際はどの程度のものかワットチェッカーで計測してみると、なかなか面白い動きをしました。

スイッチを入れると即1000W付近まで上がりますが、すぐに30W付近まで下がります。最初の1分30秒程度は蒸らしているのか、比較的低い電力消費です。

1分30秒程度から本格的にドリップが始まり、約20W~約1020Wの間を行ったり来たりしていました。水を少しずつ取り込んで一気に温めてからコーヒーに注いでいるようです。そういった動作が5分あたりまで続いて、5分~6分は0.3Wぐらいでほぼ停止した状態でした。

先ほども書きましたが、やけど防止で少し本体が冷めるまで1分程度は時間をおいているのかもしれません。1分30秒~5分の間は消費電力が上がったり下がったりを繰り返します。感覚的に1000W付近の時間が長いので、全体で平均消費電力700Wぐらいでしょう。

コーヒーメーカーと電気ケトルはどっちがお得?

消費電力だけで比較します。

電気ケトルは0.5Lを沸騰させるのに1200Wで3分かかります。電熱でこれ以上早く沸かすことは理論上無理なので、この数値で比較します。先ほどカフェバリエで作ったコーヒーは0.54Lです。実際ドリップしていた時間5分、平均消費電力700Wです。

電気ケトル 1200×3=3600

コーヒーメーカー 700×5=3500

消費電力対決はコーヒーメーカーが僅差の勝利となりました。電気ケトルはお湯を沸かすだけで、コーヒーメーカーの場合は美味しいコーヒーが完成するのですから、いろいろな面でお得ですね。

上の結果はあくまで我が家での計測結果に基づくものです。コーヒーメーカーの機種によってはもっと消費電力がかかるものもあるので、あくまで参考程度ということで。

美味しいコーヒーをお手軽に飲めるコーヒーメーカーおススメ

はじめてコーヒーメーカーなるものを購入しましたが、非常に満足しています。夜PCで作業するときも多めに作って真空サーバーに入れておけば、熱々のコーヒーをおかわり出来ます。

朝1杯だけ素早く飲みたい方はエコポッドを常備しておけば、2分程度で出来るので便利です。

あまりべた褒めでも何なのでひとつ難点を上げると、上蓋のゴムパッキンが2種類あり、そのうちのひとつが非常に小さいので、外して洗うときに無くしそうなことぐらいですね。次の製品では改良して欲しいところです。

image2234

ということでコーヒーメーカーどれにしようか悩んでいる方、タイガーカフェバリエおススメですよ。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事