マイクロソフトの本気Windows10登場でXbox ONEが進化する

マイクロソフトの本気Windows10登場でXbox ONEが進化する

この記事を共有する

マイクロソフト総力戦、2015年後半発売ウィンドウズ10登場でPCとゲーム機の垣根がなくなる

新OS Windows10でXbox ONEとの親和性が強まる

2015年1月22日に開催されたマイクロソフトのメディアブリーフィング内で、新OS「Windows10」の新機能について発表されました。デスクトップやモバイルと様々なデバイスに対して搭載が可能で、新OS「Windows10」に対するマイクロソフトの本気度が垣間見える発表内容でした。

特にゲームファンにとっても重要な情報が多く、Windows10への期待度も高まります。

Xbox ONEとの連携強まり、ストリーミングプレイやその他ゲームに関する機能満載

image2211

すでに様々なサイトで報じられていますが、Xbox ONEのゲームをPC上でストリーミングプレイが可能です。またWindows10には標準でゲーム関連の機能が多数用意されています。代表的なものはキャプチャー機能「Game DVR」で、Xbox ONEのゲームプレイキャプチャー機能がPCでも利用可能になります。

今やPCゲームプラットフォームの代表格である「Steam」や他のプラットフォームにも対応しています。マイクロソフトが自社プラットフォームにこだわり、他のプラットフォームを締め出すのではなく、自社以外のプラットフォームにもキッチリ対応させてきたのは嬉しいですね。

Xbox Liveを強化し、Windows10とXbox ONEのクロスプラットフォームでのオンラインプレイも可能となります。ソフト側で対応が必要ですが、恐らく発売済みのタイトルについても、各メーカーアップデートなどで対応してくるでしょう。

もうひとつ大きな強化ポイントは、Xbox ONEで起動しているゲームをPCでプレイする、ストリーミング機能です。Xbox ONE側でゲームの処理は行うので、PC側の性能が低くてもプレイ可能です。リビングのXbox ONEのゲームを自室のノートPCでプレイ出来ます。

出遅れているXbox ONE巻き返しはあるのか?

とうとう本気になったマイクロソフトという感じです。昨年末からWindows搭載の格安タブレットや小型PCが好調です。据置からモバイルまでを統合する「Windows10」が成功すれば、iOSとAndroidの2強に割り込めるかもしれません。

Xbox ONE発表前、マイクロソフトのゲーム機はもう出ないのではないか?と思っていました。Windwos上のゲームプラットフォーム「Xbox Live」を提供し、PCとゲーム機の垣根は無くなると思っていました。しかし、時期的なものもあったのかXbox ONEはゲーム機として発売されました。新OS「Windows10」ではその垣根がなくなり徐々にPCとゲーム機は融合していくでしょう。現在のゲーム機の中身はほぼPCです。ゲーム機の性能競争も終わり、その次の世代では、いかに様々なシーンでお手軽にゲームを遊べるか、またゲーム機会を増やせるか。ということが重視されるでしょう。

マイクロソフトのXbox ONEはライバルPS4に販売数で後れをとっていますが、マイクロソフト自体は非常に好調です。最近はOSシェアでアップルやGoogleの影に隠れていますが、マイクロソフト2015年第一四半期の売上は232億ドル、経常利益58.4億ドルです。対してPS4のソニーは大幅な赤字で、不採算事業を切り離して繋いでいる状態です。マイクロソフトの今回の発表内容から受ける本気度を見ると、今後Xbox ONEが大きく飛躍する可能性もありそうです。

マイクロソフトが次にやるべきはXbox ONEのリニューアル

image2212

マイクロソフトが好調で、Windows10の本気度も高い。Xbox ONEにとって追い風が吹いています。しかし、Xbox ONE最大の欠点はハードウェアの完成度の低さでしょう。ハードウェア設計はPS4が一枚も二枚も上手で、PS4はすでに何回かリニューアルしたかのような完成度の高さです。Xbox ONEは一度リニューアルして、現在のPS4のレベルにハードウェアの完成度を高める必要があります。

アメリカ人はあまりハードウェアの大きさは気にしないのかもしれませんが、他国で売るには外観は重要です。Windows10発売に併せて、Xbox ONEの新型発売がタイミング的にも最高でしょう。

ゲーム機の争いは今世代はPS4の独走かと思いきや、マイクロソフトが粘りそうです。そもそもマイクロソフトはXbox ONEという形にこだわっていないのかもしれません。Xbox Liveのアクティブユーザーが増えれば、結果的にマイクロソフトに利益がもたらされる。そう考えて動いているとすれば、PS4を売りたいソニーにとってはかなり苦しい立場になるかもしれません。

2015年後半に登場予定のWindows10は、Windwos7以降のユーザーは無償でアップグレードできます。Windows10登場以降、ゲームがどう進化するのか楽しみですね。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事