PSVita「さよなら海腹川背 ちらり」人気パズルアクションが60fpsになって登場

PSVita「さよなら海腹川背 ちらり」人気パズルアクションが60fpsになって登場

この記事を共有する

海腹川背タイトル

海腹川背新作「さよなら海腹川背 ちらり」がPSVitaに登場

2015年4月23日人気アクションゲームの最新作「さよなら海腹川背 ちらり」が発売されます。1994年にスーパーファミコンで登場した「海腹川背」は、ラバーリング・アクションを生かして様々な場所へ移動して、ステージを攻略するパズル要素の強いアクションゲームです。特徴的なゲームタイトルですが、ゲーム内容を表している訳ではなく主人公の女の子の名前が海腹川背です。海腹川背は究極の食材を求めて旅をする板前という設定です。

ラバーリング・アクションは伸縮自在のゴムロープの先にフックが付いたもので、地形に引っかけて一気に移動したり、敵に引っかけて捕獲したりとアクションの奥が深いことが人気の秘密でしょうか。これまでに様々な機種で6タイトルも発売されています。

ラバーリングアクションが気持ちいい

ラバーリング・アクションの気持ちよさは画像より動画の方が分かりやすいですね。この動画は2013年6月に発売された3DS版「さよなら海腹川背」のものです。PSVita版のスクリーンショットを見る限り、この3DS版がベースになっていると思われます。

以下はPSVita版のスクリーンショット

海腹川背スクリーンショット1海腹川背スクリーンショット2

PSVita版は評判の良い3DS版ベースっぽいので、PSP版の悪夢は忘れよう

海腹川背のリメイクと聞くと、PSP版の海腹川背Portableの悲劇を思い出します。数々の不具合を残したまま発売され、ポータブル機で海腹川背が出来ると期待していた方はガッカリでした。

今回のPSVita版は2013年6月に発売された3DS版「さよなら海腹川背」の評価の高さを見ると安心出来そうです。しかも60fpsで描画されるということで、ラバーの動きが滑らかになっているはずです。60fpsとは1秒間に60回画面を描きかえるということです。3DS版はおそらく30fpsでしょうから、見た目かなり滑らかに感じるはずです。楽しみですね。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事