ソニー4Kテレビは物欲を刺激するが、まだ本気を出すタイミングではない

ソニー4Kテレビは物欲を刺激するが、まだ本気を出すタイミングではない

この記事を共有する

CES2015で発表された厚さ4.9mmの世界最薄4Kテレビは魅力的だが。。

ラスベガスで開催中CES2015にてソニー世界最薄4Kテレビ発表

アメリカのラスベガスで2015年1月6日~1月9日の間に開催される「2015 International CES」にて、新4Kテレビを発表しました。驚くべきは世界最薄の厚さ4.9mmです。他にも新開発の「4KプロセッサーX1」を搭載し、OSにはGoogleの「Android TV」を採用します。

デザイン面、性能面、オープンなOS採用によるソフトウェアの充実と、ソニーの新4Kテレビは死角の少ない製品だと感じました。

ちなみに価格は未定です。Android TVに関しては以下の動画をご覧ください。

ソニー新4KテレビのデザインならAppleがテレビを出しても対抗できそう

image2133

このデザインは驚きました。ひさびさにこれ欲しいなと思わせるテレビです。写真(公式写真より)を何点か掲載しておきます。

image2134image2135

これならウワサされているAppleのテレビが登場しても対抗できるんじゃないでしょうか?あと気になるのは価格ですけど高いでしょうね。

この新4Kテレビはかなり好きな製品だが、本気出すのは今じゃない感がある

image2136

ソニーの新4KテレビはCES2015で発表された製品の中でも、特に欲しいなと思った製品ですが、しかし現状4Kテレビを楽しむ環境がまだ整っていません。過去記事(記事下のリンクよりご覧ください)でも4Kテレビについていろいろ確認しましたが、コンテンツ不足なうえ通信環境が整っていないと、4K動画をまともに楽しむことは難しいです。

2020年東京オリンピック付近が4Kテレビの絶頂期になると予想します。今回のソニー4Kテレビは魅力的ですが、本気を出すのが早すぎです。恐らく4Kテレビが一番売れる2020年付近には、中国などの海外家電メーカーから今回のソニー4Kテレビの特徴を備えた、格安の4Kテレビが登場するのではないでしょうか?そうなれば折角盛り上げた4Kムードも海外メーカーに美味しい所取りされてしまいます。

とにかく日本の家電メーカーは本気を出すタイミングをよく見計らった方が良いのでは?と毎度思います。4Kテレビを揃えるのが先か、コンテンツや環境整備が先か、というのは非常に難しい問題ですが、4Kテレビでは海外メーカーに負けないよう国内メーカーには頑張ってほしいですね。

【関連記事】4Kテレビ/モニターそろそろ買い時?なにが必要か確認する | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事