ウェアラブルデバイス普及へのカギはスマートフォンからの脱却

ウェアラブルデバイス普及へのカギはスマートフォンからの脱却

この記事を共有する

スマートウォッチや活動量計を皮切りにウェアラブルデバイス普及なるか

2014年後半はウェアラブルデバイスが数多く登場しました。代表選手はスマートウォッチでしょう。スモールデバイス向けのOS「Android Wear(アンドロイドウェア)」搭載のスマートウォッチが多数登場しました。さらに2015年春には本命「Apple Watch」も登場します。

その動きに併せるようにフィットネスや健康関連のアプリも続々登場しそうです。残念ながらApple Watchはセンサー類へのアクセスが制限されているようで、アプリ開発会社が心拍センサーなどを利用することは出来ないようですが、発売後徐々に開放されていくでしょう。

ウェアラブルデバイス普及の妨げはデザインとスマートフォン連携

image2115

ウェアラブル普及にはデザインの進化が必要

身に着けるコンピューター、ウェアラブルデバイスが普及に必要なものは、まずデザインでしょう。特に職場での服装にうるさい日本では、サラリーマンや店員さんがスマートウォッチや活動量計を付けている姿は想像しにくいです。服装が自由なベンチャー企業なら問題ないでしょうが、多くの方は職場でスマートウォッチを付けることに抵抗があるでしょう。

高級腕時計業界は今後のスマートウォッチブームに危機感は無いと言い切っています。強がりの面もあるでしょうが、デザインとブランド力でまだまだ高級腕時計とニーズが被ることはないということでしょう。

ウェアラブルはスマートフォンから独立するべき

現在発売中または発売予定のスマートウォッチOSは「Android Wear」も「Apple Watch」も、スマートフォンとのBluetooth接続が前提となっています。しかし、スマートウォッチを装着しつつスマートフォンも持ち歩くとなると、スポーツ時には余計な荷物が増えて邪魔です。スマートウォッチ単体での運用が好ましいはずです。

また、iPhoneを持っているひとはApple Watchしか選択肢が無いというのも面白くありません。その逆のAndroidについてもですがウェアラブルデバイスの選択時に、使用しているスマートフォンの機種が縛りになることはストレスです。そこまでして使いたいと思うのは一部のガジェット好きにとどまるでしょう。

ウェアラブルデバイス普及には個々の機器が個別に動作することが必要だと思います。そのうえでスマートフォン連携によりさらに便利な使い方を提案するべきでしょう。

ウェアラブルデバイス普及本格化は次世代通信5G登場の2020年近辺

image2114

恐らく2015年Apple Watchが発売されれば、全世界で数百万個クラスで売れるでしょう。スマートウォッチ普及元年と言われるかもしれません。しかし、本当の意味でウェアラブルデバイス普及本格化は次世代通信5Gが本格化する2020年近辺だと思います。それまではガジェット好きが買うレベルに留まるでしょう。(それでも相当売れそう)

現状ではスマートウォッチのようなスモールデバイスはバッテリーの問題を抱えており、単体でLTEなど携帯電話網への接続が出来ません。省電力なBluetoothを搭載するしか無いのです。どうしてもスマートフォンとの連携に頼らざるを得ないため、多くの方はスマートフォンがあるからスマートウォッチは要らない。充電が面倒。となるでしょう。

次世代通信5Gは省電力にも相当力が入れられており、IoT(モノのインターネット)を見据えた技術開発がされています。ウェアラブルデバイスには5Gに対応した通信機能を搭載し、バッテリーが長持ちで、かつ単体で機能するようになることが必要です。そうなれば一般層にも普及を促すスタートラインに立てると思います。

とはいえ、2015年は面白そうな製品が登場しそうな予感もします。想像を超える思わず欲しくなる製品が登場して欲しいですね。

【関連記事】モバイルバッテリーの進化は充電方式の多様化へ | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事