ウォールストリートジャーナル有料版のお得でお手軽な契約方法

ウォールストリートジャーナル有料版のお得でお手軽な契約方法

この記事を共有する

ウォールストリートジャーナル(WSJ)有料記事は読む価値あり

ちょっと高いけど良い情報が得られるWSJ契約時の注意点

※本記事は2014年12月31日時点の情報を元に書いています。

先日発売されました「新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方」読んだ方も多いと思います。池上彰さんと佐藤優さんによる世界情勢の読み解き方は感心させられる内容でした。ページ数も少なめですしさらっと読めるのも良いですね。

その中でお二人が情報ソースとしておススメされている「ウォールストリートジャーナル有料版」。本を読んで気になった方も多いのではないでしょうか?ウォールストリートジャーナルのニュースを速攻で日本語訳で配信してくれるので、世界情勢をお手軽に得るには良いですね。ちょっと契約してみようかな?と思っている方に注意点をいくつか。

WSJのWEB版は解約が面倒

ウォールストリートジャーナル日本のWEBサイトを閲覧すると、目につくのが8週間800円という特別プラン。文字通り8週間は800円ですが、その後は1か月2,499円かかります。

8週間のうちに解約すれば、それ以上料金はかかりませんが解約が面倒なようです。契約してみると分かりますが、WEB画面上に解約ボタン等はありません。ヘルプを探してみてもはっきりとは解約方法が記載されていません。いろいろ調べてみたところ、有料購読の停止はWEB上で出来そうです(試してないのではっきり分かりませんが)、解約は電話でしかできないようです。有料購読の停止をしないと自然と月額2,499円のプランに移行してしまいます。

WSJは契約方法により微妙に月額料金が違う

WEBで調べてみてもはっきりした情報が得られないのですが、契約する手段により微妙に月額料金に違いがありそうです。WEBからの契約だと先ほど書いたように2,499円です。

GooglePlayからAndroidアプリをダウンロードして、アプリ上で有料会員登録すると1か月無料で、以降は月額2,239円です。(2014年12月31日時点)

iOS版はアプリ説明を見る限り無料期間等はなく、月額22.99ドルとなっています。現在円安ですので一番高額かもしれません。iOS経由で登録していないので実際どうなのか分かりませんが、今の円レートだとドル建てでの契約は危険そうです。

WSJの契約はAndroidアプリ経由が月額料金の安さや解約の容易さでおススメ

image2111

上記の注意点から結論はAndroidアプリ経由がおススメです。1か月無料でしかも月額がWEBで登録よりも200円ほど安いです。Androidからの会員登録後に、WEB版でログインすればWEB版でも有料記事は普通に読めます。

どこから登録するかで月額に差が出るのは不思議ですので、今後WEB版と同額に変更されるかもしれませんが、現状はAndroidからの登録がおススメ。

さらに解約の面でもAndroidからの登録をおススメします。Androidアプリでの月額購入はGoogle Playのアプリ内購入となりますので、解約が容易に行えます。購入後に送られてくる「Google Playのご注文明細」メール内に書かれている、定期購入確認ページにて解約を選ぶか、Google Playアプリ内で定期購入の解約ボタンを押すだけです。

WEBからの契約だと解約には電話など面倒な手続きが必要ですが、Androidアプリからの契約ならWEBやアプリ上で解約できます。

最近WEBから得られる情報は無料が基本になっていますが、有料購読で得られる情報は質が高いものが多いので、新聞を読まない方も一つは有料購読のソースを持っておくことをおススメします。

※WSJの有料記事なんて無料で読めるじゃん。なんて言う方もおられるかもしれませんが、ちゃんと料金を払って読みましょう。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事