iPhone6sも対象?SIMロック解除義務化ガイドライン改正にあいまいな点

iPhone6sも対象?SIMロック解除義務化ガイドライン改正にあいまいな点

この記事を共有する

SIMロック解除はこれまでの「店頭で有料」から「電話やWEBで無料」に

総務省はSIMロックに関するガイドラインを改正し、事業者に対してSIMロック解除が義務づけられます。対象は2015年5月以降に販売される端末となっていますので、次期iPhoneも対象となるでしょうが、ガイドライン内にいくつかあいまいな点があります。

  • 不適切な行為を防止するため最低限必要な期間は、SIMロック解除に応じないことができる。
  • 特殊な端末や、キャリア固有の仕様になっている端末などは、この限りではない。(SIMロック解除の義務を負わない)

上記の2点については、キャリアにより勝手な解釈が可能であり、結局SIMロック解除が実施されるのはごく一部の端末という状況になるのではないでしょうか?

SIMロック解除でスマホ実質無料などは無くなるのか?

NTTドコモやau、ソフトバンクなど大手キャリアで契約すると、最新のスマホなどが実質無料で入手出来ます。これは毎月の高額な通信料にスマホ料金が上乗せされているのですが、7万円もするスマートフォンが契約時にタダで手に入るのは魅力的でしょう。

しかし、契約後にすぐSIMロック解除し解約されると、通信料金でスマホ代をカバーできないため、実質無料は出来なくなります。そういった行為に対処する為に上記のようにガイドラインにあいまいな点が残されました。

本来はスマートフォン本体の料金を通信料金にこっそり上乗せすることを是正する為の、SIMロック解除義務化のはずですが、現状通信料金とスマホ本体代金を切り離すと、端末がまったく売れなくなることを懸念しているのでしょうか?

恐らく2015年5月以降も状況はそれほど変わらないでしょう。総務省への顔色を伺うために、数機種はSIMロック解除を即実施できるよう設定されるでしょうが、人気のiPhoneやハイスペック端末は無理やり独自仕様にして、実質無料販売を続けると予想します。

MVNOの格安SIMなど選択肢が増えているので、結局自分自信の使い方に合った通信キャリアを選ぶことが重要ですね。

【関連記事】SIMフリーとは?SIMロック解除義務化で逝く人たち | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事