1,980円使い放題「b-mobile SIM 高速定額」は神プラン?

1,980円使い放題「b-mobile SIM 高速定額」は神プラン?

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

とうとうLTE高速通信使い放題で2,000円切り「b-mobile SIM 高速定額」

MVNOのパイオニアである日本通信が、LTE高速通信使い放題の新プラン「b-mobile SIM 高速定額」を2014年12月12日から提供を開始すると発表しました。

料金は月額1,980円(税別)と格安です。さらに800円追加すれば携帯電話番号による音声通話も可能です。もちろん他社からの電話番号引き継ぎMNPも可能です。NTTドコモのネットワークを利用し、LTE/3G網に接続します。

「b-mobile SIM 高速定額」通信制限や解約等諸条件は?

こういった高速通信利用プランでは短期間に大量の通信を行った場合に、利用制限がかかるのが一般的です。他社サービスで多いのが「3日間で1GB」利用で速度制限です。しかし「b-mobile SIM 高速定額」ではそのような速度制限は行わないと発表されました。ただし、P2Pサービスによる大量通信が行われた場合は、なんらかの制限があるようです。

初期手数料は3,000円と一般的な料金。最低利用期間5か月間で、それまでに解約する場合は解約金8,000円(税別)が必要です。

「b-mobile SIM 高速定額」他社と比べてどう?

日本通信もいつかは動くと思いましたが、料金は驚きの1,980円で高速通信を無制限という太っ腹。

他社では「ぷららモバイルLTE」の無制限プランが2,980円で通信量は無制限なものの、通信速度が3Mbpsと縛りがあります。また、先日発表され話題になったU-mobaileのLTE使い放題プランは、2,480円で高速通信使い放題ですが、ウワサでは速度制限がすぐかかると言われています。

これらライバルと比べても料金面、サービス面ともに日本通信「b-mobile SIM 高速定額」が後出しジャンケンで勝ると言えます。実際サービスが開始されてみないと分かりませんが、期待したいところですね。

日本通信に対して他社は追従するのか?もう限界まで来ている気がする

こうなってくると他社が追従するのかどうか?が気になるところ。いつも先手で仕掛けているIIJmioは使い放題プランには慎重になっているようです。それとも秘策を考えているのでしょうか。最大手NTT-Comも動きはありません。

MVNO事業者はNTTドコモやauなど通信キャリアの設備を使ってサービスしています。通信キャリアとMVNO事業者間では通信量に応じて、従量制の契約を交わしており、ユーザーがたくさん通信すれば、MVNO事業者から通信キャリアへの支払いが増えます。そのためMVNOの格安SIMでは条件により速度制限がかかるのです。

しかし、今回発表された「b-mobile SIM 高速定額」は通信制限なしと宣伝しています。どのようなカラクリなのか?タネも仕掛けもなくユーザーが大量に通信した分は日本通信が被るつもりなのか。または「使い放題と言っても、そんなに使わないだろう」とこれまでの統計データから予測しているのか。

今後さらに料金競争が過熱するのか、気になるところですね。

【関連記事】持ちやすそうでイイ!「AQUOS SH-M01」格安SIM用スマホ | More-interest.GAME