超期待作!PS4のTPS大作「The Order:1886」を徹底的に紹介する

超期待作!PS4のTPS大作「The Order:1886」を徹底的に紹介する

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

2015年早々から超大作「The Order:1886」がPS4で登場

image2039

PS4で2015年2月20日に世界同時発売となる「The Order:1886」がおススメです。価格もAmazonで5,200円程度と安いです。始めてこのゲームのプロモーションビデオを見てから楽しみにしていましたが、年明け早々もうすぐ発売ですね。

発売が待ち遠しいので、このゲームを徹底的に紹介します。

image2042

タイトルのとおりゲームの舞台は1886年、19世紀末のロンドンです。(以下公式より)

この世界では、はるか昔に進化の途上で人類から分かれた“半獣”と呼ばれるモノが存在する。 “半獣”は、強靭な肉体と恐るべき回復力を持ち、人類の天敵として人々から恐れられてきた。 だが、あるとき戦いに生涯を捧げることを誓った勇気ある人々が騎士団を結成する。騎士団は“オーダー”と呼ばれ、以来、数世紀にわたり“半獣”との戦いを続けてきた。

時は流れ、19世紀末ロンドン。
産業革命と科学の発展が戦いの流れを変えた。
これまでにない威力の武器を手に入れた人類は歴史上初めて優位に立つ。
だが、同じ頃、新たな脅威が騎士団を襲う。 大英帝国への大規模な反乱である。産業革命の影響に苦しみ、階級間の格差に憤る市民が蜂起したのだ。 新旧二つの敵により、騎士団はこれまでにない苦境に陥っていた。

時代背景や建物の雰囲気。服装などは史実の19世紀末ですが、人類の脅威「半獣」と呼ばれるバケモノとの戦いが続く世界という設定です。

プレイヤーが操作するのは半獣と戦うエリート騎士団「オーダー」。オーダーはブラックウォーターという液体で寿命を延ばし、半獣に対抗する力を手に入れています。以下トレイラームービー

The Order 騎士団メンバー

image2040

The Orderの騎士団メンバーは4人。みんな渋くてカッコよすぎ!

いちばん左が騎士団最強の「ガラハッド卿」、2番目が最年長「パーシヴァル卿」。紅一点「レディー・イグレイン」、一番右は棋士見習いラファイエット。

騎士見習いのラファイエットは、死亡フラグが立ってるような気がするけど大丈夫かな?女性キャラ「レディー・イグレイン」がちゃんと戦う格好をしているのがイイですね。日本のメーカーも見習ったほうが。。。

image2041

最後はこのゲームの要、「二コラ・テスラ」です。

テスラは19世紀末に実在した大発明家です。電気の交流や蛍光灯はこの方の発明ですね。史実では1886年といえば二コラ・テスラがニューヨークに自分の会社「Tesla Electric Light&Manufacturing」を設立した年です。ゲーム内でもテスラは大発明家であり、騎士団が「半獣」と対等に戦えるのはテスラが開発する最新の武器のおかげです。

The Order:1886に登場する武器がどれもカッコいい

image2035

さっきからカッコいいばかり連呼してますが、武器もカッコいいですね。下の武器紹介ムービーでテンション上がりまくり。

もちろん19世紀末にはこんな強力な武器は存在しませんが、その時代に存在していてもおかしくないような。そんな絶妙な感じの武器デザインになっています。開発者のこだわりがスゴイですね。

image2038

19世紀末ってどんな時代?

舞台となるロンドンは産業革命後、工業機械が発展しました。

西暦1886年というと日本は明治19年。内閣制度が発足し伊藤博文が総理に就任しました。日清戦争がはじまる少し前という時代です。

image2034

上の写真は明治天皇の写真ですが、西洋文化が入ってきて日本の衣服もカッコいいですよね。

本当に映画を超えた!The Order:1886は絶対プレイするべし

image2036

ゲームが映画を超えた!と比喩するのは正直あまり好きではないのですが、The Order:1886に関してはこの表現を用いたくなるぐらい世界観や映像が素晴らしいですね。もっとも肝心なゲームプレイが楽しいかどうかという問題がありますが、このこだわりを見れば問題ないでしょう。

最近はオープンワールドが流行りですが、このゲームのマップは一本道のようです。限られた空間だからこそ演出をカッコよく見せることが可能だと思うので、オープンワールドじゃないからダメということはないでしょう。

まあ発売日の2015年2月20日まで首を長くして待ちましょう。

ひとつだけ残念なのはZ指定だと思うので、子供の前でプレイしにくい事ですかね。。