YouTuber終了?素人ビジネスは淘汰されるのか?

YouTuber終了?素人ビジネスは淘汰されるのか?

この記事を共有する

素人さんに頑張って欲しいが踏ん張れるか

YouTubeで活躍する素人「YouTuber」急増中

私はYouTubeといえば音楽系動画か、ゲームプレイ動画ぐらいしか見ないのですが、そのYouTubeへ動画投稿することで高額な収入を得ている方たちは「YouTuber」と呼ばれています。

最近YouTube動画を見ると、この方々の動画紹介広告が頻繁に流れるので少しウザい時がありますが、トップクラスになると日本人では1億円以上、海外では5億円を超える収入の方もいるということで、最近YouTuberを目指す人が急増しているようです。

素人の活躍の場が増えているように見えて実は減ってきている

プロに乗っ取られ素人の活躍の場がなくなったニコニコ動画

素人の活躍の場といえばニコニコ動画が代表的でしたが、数年前からセミプロっぽい方が動画投稿を始め、作品全体のレベルが上がったことで、ニコニコ動画初期にあったような素人感丸出しの作品は激減しました。「同じような動画ばかりでつまらなくなった」とニコニコ動画から離れた方も多いのではないでしょうか?

クリエイター奨励プログラムで動画投稿が収入に結びつくのは、動画作成者にとって喜ばしいことですが、結果プロが多く参入し昔から動画投稿をしていた素人は淘汰されてきています。

公式ゲーム攻略wikiが増えて非公式wikiは消滅へ

少し話しは変わりますが、ゲーム攻略といえば昔は攻略本を買うことが主流でしたが、インターネットの普及に伴い攻略本はどんどん姿を消しました。数年前からゲーム攻略情報はネット上の攻略wikiを見ることが主流になっています。ゲームプレイで得た知識をプレイヤー自身がwikiに書き込むことで、徐々に攻略サイトが出来上がっていきます。攻略サイトが育てばwiki運営者は広告料などで収入を得られるのです。

こういった攻略wikiはどれも非公式なものでした。ゲーム制作サイドからすれば発売する攻略本が売れなくなることや、意図しない情報公開など攻略wikiは嬉しくない存在でしょう。そこで最近ではゲームメーカーや大手ゲーム雑誌社が、公式攻略wikiとしてサイト公開することが増えています。素人が考案したビジネスモデルを大手に乗っ取られた形です。

メーカー公式wikiが登場すると、素人が作成したサイトがネット検索上位になることはほぼ不可能です。一時期ゲーム攻略wikiはお手軽に儲かると某掲示板で話題になっていましたが、今後は難しいでしょう。

上記のニコニコ動画や攻略wikiのようなことがYouTubeにも必ず起こるでしょう。

YouTuberに忍び寄るプロや大手の影

現在YouTubeで人気なのは体当たり系動画、ゲームプレイ動画、オモチャ開封やレビュー動画、このあたりでしょうか?素人でもこれだけ広告収入が得られると分かれば、大手芸能プロが黙っているとは思えません。

特にオモチャ開封や商品レビュー動画に関しては、一般人は発売後にしか商品を手に入れられません。メーカーと芸能プロが手を組んで商品発売前にレビュー動画を先に公開されては太刀打ちできません。

素人だから面白いという部分もあるはずなので、ニコニコ動画のようにYouTubeもプロや大手企業の仕掛けた動画一色となり、どれも無難な内容に落ち着いてしまうとツマラナイなあとちょっと心配です。

やっぱりお金儲けが絡むとそういう方向になってしまうのでしょうか。。。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事