安いWindows搭載機器が多数登場!注目小型PCなど紹介

安いWindows搭載機器が多数登場!注目小型PCなど紹介

この記事を共有する

Windows8.1 with Bingで小型PCが続々登場

ここ何年かでPCソフトウェアの価格破壊が進んでいます。とうとうWindowsも無料の時代がやってきました。Windows8.1 with Bingは組込み用のOSですが、マイクロソフトの条件を満たせばライセンス料0円で利用可能です。今後このWindows8.1 with Bing搭載のタブレットやPCが多数登場しそうです。

普通のWindows8.1との違いは特にありません。標準の検索エンジンがマイクロソフトが運営する「Bing」になっているだけです。日本ではGoogleとYahooが強すぎるため、Bingを知らない方も多いかもしれませんが、今後Windows8.1 with Bing搭載端末が増えれば、Bingのシェアが少し伸びるかもしれませんね。

テレビに接続して使える、おススメ小型PCや端末を紹介

テレビに接続して使える小型機器が多数登場しています。先ほど紹介したWindows8.1 with Bing搭載の小型PCと、その他おススメの小型機器を紹介します。

超小型PC「LIVA」 Windows8.1 with Bing

image1985

ECS製の超小型PCにWindows8.1 with Bingを搭載した製品で、32GBモデルで実売28,000円前後と安いのが特徴。メインメモリは2GB、USB3.0と2.0、HDMI、ミニD-Sub15ピン、ギガビット有線LAN、WiFi IEEE802.11b/g/a/n、Bluetooth4.0が利用出来ます。本体サイズは118×70×56mmで190gと小型軽量。

image1986

ゲームをプレイするのはスペック的に厳しいでしょう。インターフェイスは今流行りのものはひととおり付いているので、困ることは無さそうです。

スティック型PC「m-Stickシリーズ MS-MH1」

image1987

こちらもWindows8.1 with Bing搭載で、テレビに接続するスティック型PCです。2014年12月5日発売 19,800円(税込)です。HDMI端子との接続のみを考えているなら、このスティック型は設置スペースの心配がなく良さそうです。製品注意書きにある※初回起動時はBluetoothキーボード・マウスは使用出来ません。という部分は注意が必要です。初回はUSBマウス・キーボードで起動する必要があります。

ゲーミングPC「ALIENWARE Alpha」

image1988

世界最大ゲームプラットフォーム「Steam」のゲームを楽しむ為の、ゲーミングPC「ALIENWARE Alpha」です。いちばん安いもので59,800円(税抜)~。上の2製品と違いOSは通常のWindows8.1です。サイズは203.2×203.2×76.2mmの3.6kgと小型PCと呼ぶには大きいのですが、従来のゲーミングPCは大きな筐体のものが多く、この製品は家庭用ゲーム機を意識したサイズになっています。PS4とほぼ同等のサイズです。

インターフェイスも豊富で拡張スロットも備えているので、ゲーマーでなくともTV接続用PCとしておススメです。

iPhoneとの相性抜群「Apple TV」

image1990

PCでなくとも動画やweb閲覧、音楽再生ならばApple TVで充分です。価格も9,800円(税別)と安いです。Youtubeやhuluなど人気動画サービスも利用可能ですし、手元のiPhoneやiPadの画面をテレビに出力できる「AirPlay」も便利です。

ただし、このApple TVはしばらく製品のアップデートがありません。CPUはA5チップ搭載です。iPhone6がA8チップですから世代的にはかなり遅れています。海外では同様の製品でNexusPlayerやAmazon FireTVなどが発売されており、Apple TVが今後どうなるか気になるところ。

Androidスティック「Chromecast」

image1992

Android搭載のテレビに直接差して使うスティック型端末です。価格が非常に安く4,200円(税別)です。dビデオやdアニメストア、KDDI「ビデオパス」に対応しているので、日本のコンテンツにも強くなりました。スマートフォンやタブレット一部機種で画面のミラーリングに対応するようになりましたが、対応機種が少ないので使える方は限られます。価格が4,200円と安いだけに、操作感が少しモッサリしています。過度な期待は禁物です。

Windows8.1 with Bing搭載端末はテレビにつなげる小型機器の定番になるか?

後半紹介したスマートフォン用OS搭載のApple TVやクロームキャスト、また海外で発売中のNexusPlayerやAmazon FireTVは価格も1万円前後と安く、web閲覧や動画再生、音楽再生やアプリ利用なら不満はありません。とはいえPCに比べると出来る事には限りがあり、少し我慢して使ってる感が強かったのですが、Windows8.1 with Bingは普通のPCと同じですので、これならばほぼ全面的に網羅できそうです。

今後さらにWindows8.1 with Bing搭載機器が発売されるでしょうから、どんな製品が登場するのか楽しみです。

【関連記事】PS4の50倍エコPSVita TVは低消費電力でYoutubeやニコニコ動画も楽しめる | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事