DIVE IN環境テストでストリーミングゲームを体験しよう

DIVE IN環境テストでストリーミングゲームを体験しよう

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

スクエニのクラウドストリーミングゲームDIVE INの環境テスト実施

大手ゲームメーカーのスクウェアエニックスが開始を予定している、ストリーミングゲームサービス「DIVE IN」のユーザー参加による環境テストが実施されます。実施要項は以下のとおりです。

<期間>

  • 11月28日(金)11時~11月29日(土)19時まで
    ※11月29日(土)早朝に、メンテナンスを実施予定です。
    メンテナンス中は環境テストに参加できませんのでご注意ください。

<対象OS>

  • Android ※iOSは環境テスト対象外となります。ご了承ください。

<テスト内容>

  • 期間中、「ファイナルファンタジーXIII」を1日1時間プレイ可能となります。
    また、参加された皆さまのご意見をいただくために本サイトでアンケートを実施いたします。
    ぜひご意見をお聞かせください。
    ※アンケートの受付は12月2日(火)までとなります

<参加資格>

  • スクウェア・エニックスアカウント(登録無料)をお持ちの方

<参加方法>

  1. お手元の端末が、DIVE IN動作確認端末に該当するかご確認ください。(http://divein.jp.square-enix.com/application/device.html
  2. 11月28日からダウンロード可能となる「DIVE INビューワー」をGoogle Playよりダウンロードしてください。
  3. アプリを起動し、「ログインしてゲームを遊ぶ」よりスクウェア・エニックスアカウントでログインしてください。
  4. スタート画面が表示されますので、スタートボタンをタップするとゲームが開始されます。ゲームがスタートしてから1時間がプレイ可能期間となります。

<ご注意>

  • ゲームを最初にスタートした時間から1時間がプレイ可能時間となります。途中でゲームを中断しても時間は経過しますのでご注意ください。

  • 1時間以内であれば、途中でゲームを中断しても、再びプレイする事が可能です。

  • セーブデータは今後の正式サービスに引き継ぎ出来ません。

  • ゲームをプレイするには、ご家庭で安定した3Mbps以上の有効帯域が必要です。
    通信状況によっては、ゲームが途中で終了する場合があります。
    ※大容量のパケット通信が発生いたしますので、従量制課金の通信回線の利用は推奨いたしません。
    快適なプレイ環境として、フレッツ光などブロードバンド回線のWi-Fi接続環境を強く推奨いたします。

テスト期間は2日間と短く、対応OSもAndroidのみでiPhoneではテストに参加できませんが、条件が揃う方はストリーミングゲームを体験してみてはいかがでしょうか。

過去記事(記事下にリンクあり)でクラウドストリーミングゲームサービスについて、本当に成功するのか?快適な環境でプレイ出来るのか?といったことを書いてますので、興味ある方はご覧ください。

テストで使用されるソフトにFF13を選択したのは自信アリなのか

image1962

今回のテストは新サービス「DIVE IN」初お披露目となる重要なものです。ここで評判の悪さが伝わると、ストリーミングゲーム自体の評価が下がる可能性もあります。

テストで使用されるゲームソフト「ファイナルファンタジー13」は、PS3で発売されたRPGです。ストリーミングゲームの最大の敵は遅延ですので格闘ゲーム等と比べRPGは最適そうですが、FF13は戦闘がアクティブタイムバトルというリアルタイム入力が重要なシステムです。しかもチェーンと呼ばれる攻撃を連続で当て続けることが重要で、少しの遅延でもかなりストレスが溜まるはずです。

以前、以下の記事でストリーミングとゲームは相性最悪ではないか?と書いたものの少し期待してしまいます。

DIVE IN環境テストでは多くのユーザーが接続すると思いますが、その中でも実際ストレスなくプレイ出来るのか。テストが楽しみですね。

【関連記事】クラウドゲームは成功するか?クラウドを推進する理由 | More-interest.GAME