日本上陸は困難?「PlayStationVue」オンデマンドTVとはちょっと違う

日本上陸は困難?「PlayStationVue」オンデマンドTVとはちょっと違う

この記事を共有する

テレビサービスでは3歩ぐらい遅れていたPS陣営「Playstation Vue」で追撃なるか

ソニーがクラウドベースの新テレビサービス「Playstation Vue」を発表しました。PS4やPS3でアメリカの大手放送局75チャンネル以上にアクセスできるようです。将来的にはデバイスの制約をなくし、ソニー製機器以外からもアクセスできるようになります。

アメリカのケーブルTV会社との連携サービスはXboxの得意分野で、プレイステーションは大きく遅れていましたが、これで少し前進と言ったところでしょうか?

MSとTime Warner Cableが提携–「Xbox 360」で最大300局のTV番組が視聴可能に – CNET Japan

Playstation Vueのサービス内容は?

クラウドベースのテレビサービスということで、オンデマンドサービスじゃないの?と思っていましたが、サービス内容を見ているとちょっと違うようです。

オンデマンドサービスの場合は放送された内容がすべて一定期間は視聴可能となり、その中から見たい番組を選んで視聴しますが、Playstation Vueは以下のような特徴があります。

  • Playstation Vue上で番組表に併せて放送が行われる。
  • 「キャッチアップテレビ」では録画予約なしに3日間見逃した番組再生可能
  • お気に入りに登録した番組は自動的にクラウドに録画、28日間再生可能

普通のオンデマンドサービスの場合、自分の趣味に合わない番組も大量に表示され、その中から見たい番組を探すことに時間がかかりますが、PS Vueは好みの番組が溜まっていく仕組みなので、快適に番組視聴が出来そうです。

PS Vueはアメリカから順次開始、PS4好調で追い風が吹いている

2014年11月中にアメリカでベータサービス開始。2015年に本格サービス開始予定です。残念ながらアメリカ以外でのサービス予定は未定。

アメリカではすでにレンタルビデオ店がなくなってしまうほど、オンデマンドTV大国です。放送直後からオンデマンド視聴が可能で、テレビ局と番組制作会社が分離されているアメリカらしい現象です。そういう意味でアメリカはPlaystation Vueを開始しやすい環境といえるでしょう。

しかも先日地上波テレビを格安で再送信するサービス、「Aereo(エーリオ)」が最高裁で著作権侵害という判決を受けました。PS Vueの料金が魅力的ならば、「Aereo(エーリオ)」ユーザーの乗換も期待できそうです。

プレイステーションヴュー日本開始は厳しそうだが使ってみたい

日本ではようやくテレビ局が自前のオンデマンドサービスを始めた段階です。テレビ局が番組制作と放送を行い、テレビCMからの収入で成り立っている以上、ソニーのつけいる隙はなさそうです。

日本ではnasneが普及して自前録画が主流ですし、プレイステーションヴュー使ってみたいけど日本でのサービス開始は厳しいですかね。。。

PS Vueは他の人気オンデマンドサービスも真似してくるんじゃないか?というほど特徴的で面白いサービスだと思います。従来のオンデマンドサービスですと常時1万本以上はタイトルを用意する必要がありますが、PS Vueのスタイルなら3日間だけ全番組放映権を持ち、後は利用者の動向に併せて番組放映権を確保するだけです。これで人気のhuluやNetflixに対抗できる料金設定なら、イイ線行くんじゃないでしょうか?

どんなサービスに成長するのか、なかなか楽しみですね。

【関連記事】クラウドゲームは成功するか?クラウドを推進する理由 | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事