ドコモ大誤算!iPhone6国内VoLTE対応は今後も無しなのか?

ドコモ大誤算!iPhone6国内VoLTE対応は今後も無しなのか?

この記事を共有する

今年に入ってNTTドコモの戦略が外れまくり

※追記 2015年4月9日より国内大手三社でiPhone6VoLTEが開始されました。追記終わり。

かつては携帯電話シェアの半分以上を握っていたNTTドコモですが、iPhone導入遅れにより今やau、ソフトバンクにトップシェアの座を脅かされています。2015年3月期の業績予想では営業利益が第3位に転落しました。

とにかく今年はNTTドコモの戦略が外れまくっている気がします。大幅減益の主因はなんといっても音声通話し放題の「かけ放題」プランの導入と、通話基本料が安い旧プランの切り捨てでしょう。利益率の大きい通話中心ユーザーからの収入が減り、データ通信メインの旧プランユーザーは他社へ離れたはずです。

あのタイミングで音声通話し放題プランを導入したのには訳があります。VoLTEの導入です。しかしここでも大誤算がありました。

iPhone6の国内VoLTE非対応で明暗

iPhone6の発表会の出来事で一番印象深かったのは、NTTドコモとKDDIの両社長の対応の違いです。発表会後KDDI田中社長は記者に対して陽気に受け答えされていました。一方NTTドコモ加藤社長はほぼ無言で会場を去りました。

先日のKDDIの「au VoLTE」2014年12月開始の発表時に「iPhone6のVoLTE対応はApple次第」とコメントされていました。iPhoneに関してはネットワークに関する部分までAppleが主導しているのです。恐らくNTTドコモの考えはiPhone6発売時点からのVoLTE対応だったはずです。ところがフタを開けてみればVoLTE対応キャリアにNTTドコモはなし。ドコモから出遅れてVoLTE対応に追われていたKDDIと、NTTドコモの明暗が分かれました。

通話し放題プラン導入で従来の3G回線による音声通話では、コスト面でかなり厳しいはずです。国内のスマートフォンシェアの大部分を占めるiPhoneのVoLTE対応ありきの新プラン。このまま国内iPhoneのVoLTE対応が遅れるほどNTTドコモは厳しさを増すでしょう。

国内でiPhone6のVoLTE対応はあるのか?

image1848

正直iPhone6発売後1か月程度で国内でもVoLTE対応が来ると思っていました。しかし発売から2か月が経とうとしていますが、全く音沙汰なし。12月から開始のau VoLTEもiPhone対応無しで、発表も地味なものになりました。年内にiPhone6国内VoLTE対応は恐らく無いでしょう。

世界で一番iPhoneシェア率の高い国である日本でなぜVoLTE対応されないのか不明ですが、国内キャリアの様子を見ているとiPhone6での国内VoLTE対応は今後も無いのは?と想像してしまいます。次期6Sからの対応になるのかもしれません。

そうなるとNTTドコモはますます苦しい戦いを強いられそうです。

それにしてもなんで日本はVoLTE無しなのか?誰か教えて。

【関連記事】日本の通信が激変?NTT光サービス卸の本当の狙い | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事