稼げるSNS「Tsu(スー)」人気急上昇中で津市ピンチ!

稼げるSNS「Tsu(スー)」人気急上昇中で津市ピンチ!

この記事を共有する

SNSを利用するだけで、広告費が受け取れる「Tsu(スー)」登場

先日ITmediaに掲載された以下の記事をみて、新SNS「Tsu(スー)」に興味を持った方も多いのではないだろうか。ここではTsuについて詳しく解説はしませんが、軽く仕組みを説明すると、SNSでの発言やコンテンツ発信に付随してTsuが掲載する広告料のうち、9割をユーザーが受け取れる仕組みです。情報を発信した本人は5割、その本人が誰かの紹介を受けて登録したのなら、紹介元にも何割かが分配されます。

ユーザーがコンテンツで稼げる新SNS「Tsu」スタート – ITmedia ニュース

最近登録希望ユーザーが急増しているためか、頻繁にサイトが落ちているようですが、安定してくると他のSNSにはないオリジナリティで人気を伸ばしそうです。

Tsu(スー)がこれ以上流行ると三重県津市ピンチ!

私もこの新SNS「Tsu(スー)」について知りたくて、Google検索してみたら以下の結果でした。

image1817

まだ新SNSは結果には出てきません。「tsu sns」まで打てば、先ほど紹介したITmediaの記事が出てきます。しかしこれからTsu(スー)の人気が出てくると「Tsu」と打っても津市は下の方にしか出てこないかも。Googleが意図的に津市の順位をキープさせるかもしれませんが心配です。(スマンたいして心配してない)

過去にはケイ・オプティコムのMVNO「mineo(マイネオ)」が登場した際、発表翌日にGoogle検索したところ、いろんな「ミネオさん」のブログが上位にありました。本日検索した結果は以下のとおりで、「ミネオさん」ブログは跡形もありません。

image1819

当サイトでは津市が無事1位をキープし続けられるのか追い続けたいと思います。(気が向いたら。。)

【追記】とうとう津市首位陥落!

2014年12月7日時点。なんとなく検索してみたら津市が首位陥落。シークレットモードで自分の検索履歴が反映されない形で検索した結果です。

image2033

念のためbingでも検索しました。bingはSNS「tsu」は広告枠のみで一般検索結果では2位につけています。それにしても枚方市の美容院に1位を奪われている。。。

image2032

しかし、このままいくとGoogleとbingともに検索結果1ページ目にも残らない可能性大。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事