ソニー「MDR-AS800BT」Bluetoothイヤホン連続再生時間など試す

ソニー「MDR-AS800BT」Bluetoothイヤホン連続再生時間など試す

この記事を共有する

MDR-AS800BTカナル型ボックスレスBluetoothイヤホンの実力

どれにするか迷った挙句ソニー「MDR-AS800BT」を購入

Bluetooth接続が可能でかつ操作ボックスの無い、ボックスレスタイプのイヤホンが欲しいと思っていました。前回の記事(記事下にリンクあり)で3機種まで絞り込んでいたのですが、今回ソニー「MDR-AS800BT」を購入しましたのでレビューします。

同様に購入を迷っている方の参考になればいいなと。

「MDR-AS800BT」の内容物チェック

MDR-AS800BTの開封画像

内容物を軽くチェックしましょう。

  • アークサポーター(S,M,Lサイズ)
  • イヤーピース(SS,S,M,L)
  • 調整バンド
  • キャリングケース
  • マイクロUSBケーブル

MDR-AS800BTの開封画像2MDR-AS800BTの開封画像3

アークサポーターは耳に引っかけて、イヤホンが外れにくくするためのものです。走ったりしない限りは必要ないと思います。イヤーピースはサイズが4つもあるのが嬉しいですね。カナル型(耳栓型)のイヤホンはきっちり装着しないと低音が抜けてしまって、素人でも分かるぐらい音が悪くなりますからイロイロなピースを試して、自分に最適なスタイルを決めましょう。

MDR-AS800BT付属のキャリングケース

付属のキャリングケースは予備のイヤーピースなど小物も入れられます。

MDR-AS800BTの外観写真

コチラは本体です。ボックスレスなので首からかけても邪魔になりませんね。

以下はMDR-AS800BTの主なスペックです。

 MDR-AS800BT
再生周波数帯域20Hz-20,000Hz
重量16g
ドライバーユニット6mm
連続再生約4.5時間
充電時間約2時間
対応プロファイルA2DP、AVRCP、
HFP、HSP
対応コーデックSBC、AAC、apt-X
コンテンツ保護SCMS-T方式
その他防滴仕様

「MDR-AS800BT」使用感や操作性はどうか?

早速先日購入したiPad Air2と接続してみました。「MDR-AS800BT」はNFCによる簡易ペアリング機能があります。iPad Air2はNFC搭載しているものの簡易ペアリングは使用できませんでした。普通にBluetooth設定画面でペアリングします。一度ペアリング設定しておけば、以降はイヤホン側のボタンでペアリングが可能です。イヤホンの操作はファンクションキーで行うのですが、ボタンが一つしかないので操作には慣れが必要です。

  • 再生/一時停止:ボタンを押す
  • 曲送り:ボタンを2回押す
  • 曲戻し:ボタンを3回押す
  • 音量上げる:ボタンを2回押すとき2回目を長押し
  • 音量下げる:ボタンを3回押すとき3回目を長押し

慣れるまで音量上げる、下げるは非常に操作が難しいです。ボタンは誤動作防止のためか爪の先で押すようにしないと上手くいきませんでした。はじめて使用するときは音量が大きいかもしれませんので、耳から外した状態で試しましょう。

コード部分は調整バンドできっちり調整すれば、衣服が擦れる音はほぼしませんでした(服装により多少は擦れる音するかも)。ジョギング等で使用する場合は耳かけスタイルの方が安定しそうです。

iOS端末(iPadやiPhone)と「MDR-AS800BT」の相性はどうか?

ペアリングから再生まで問題なく行えました。最初にiPadのアプリ側で再生する必要がありますが、以降はイヤホン側のボタンで操作可能です。ペアリングが切れてもアプリ側は一時停止なので、再度ペアリング時にイヤホン側から操作すれば続きから再生します。

Bluetoothイヤホンの音量とiPad側のアプリ音量は別なので、iPad側のミュージックアプリの音量はOFFでもイヤホンから音はなります。さすがにApple端末は利用者も多いので、きっちりテストされているのでしょう、周辺機器も安定して使えますね。

今回はiPad Air2で試しましたが、iOS8搭載のiPhoneなら同様に動作するでしょう。

音質については特徴がなくフラットな印象

「MDR-AS800BT」はBluetoothイヤホンの中では音質に有利な「apt-x」コーデックを採用しています。iPad Air2はapt-xに対応していませんのでAACで試します。聴いた印象はフラットでナチュラルな音だなという印象です。音楽プレーヤー側で自分の好みでチューニングして聴きましょう。

MDR-AS800BTの連続使用時間はどうか

最後にMDR-AS800BTの連続使用時間を調べました。カタログスペックでは4時間30分となっていますが実際はどうでしょうか。

iPad Air2上の音楽プレーヤーを使用。音量は音楽プレーヤーアプリの音量バーで真ん中に設定しました。その状態でひたすら再生させ続けて、完全にバッテリーが切れるまでの時間です。

結果は驚きの5時間21分でした。カタログスペックより実使用時間の方が短いのは当たり前と思っていたので、1時間程度長く再生出来たのは驚きでした。

ソニー「MDR-AS800BT」は際立った面はありませんが、隙の無い良い製品だと思います。1点注意が必要なのはスマホで「nasne」の録画番組視聴が可能なアプリ、「TV Sideview」はBluetoothイヤホンとペアリングしていると使えません。「TV Sideview」をよく使う方はコード付きイヤホンにしましょう。(2014年10月23日現在)

以上「MDR-AS800BT」のレビューでした。音質に関しては人それぞれ好みがありますので、実際店舗で試してから購入しましょう。

【関連記事】ハイレゾ音源対応Xperia Z3に合うbluetoothイヤホンを探す | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事