iPad Air2とAdobeアプリで超快適ファーストレビュー

iPad Air2とAdobeアプリで超快適ファーストレビュー

この記事を共有する

Adobeクリエイティブクラウド初心者によるファーストレビュー

予約開始日に予約してようやく届きました「iPad Air2」。最近タブレット発売ラッシュの中なぜ「iPad Air2」なのか?というと最近使い始めたAdobeクリエイティブクラウドとの相性が良いことが理由です。Adobeクリエイティブクラウドの詳細等、詳しくは過去記事をご覧ください。

【関連記事】iPad Air2とAdobe Ink & Slideでフォトショップとイラレが快適 | More-interest.GAME

iPad Air2ですが、スペックで理解していたものの実物は薄いですね。驚きました。電子ペーパーの電子書籍端末に匹敵する薄さです。また下の写真では分かりにくいかもしれませんが、斜めから見ると画面の上に写真をおいているかのようにキレイです。(ハメ込み画像みたいだけど違いますよw)

iPad Air2外箱iPad Air2液晶画面

ブログ書くのが楽しくなるiPad Air2とAdobeクリエイティブクラウド

前回記事で期待したとおり、iPad Air2とAdobeクリエイティブクラウドの相性は抜群でした。iPadにカメラがついているので、ネタにしたい被写体を撮影して、そのままiPadの「Photoshop MIX」で軽く編集。編集結果をAdobeクラウドストレージへ放り込んでおいて、仕上げはPC上で行うという流れが便利すぎです。iPadだとWEBのスクラップも楽です。

ちょっと試しに下のペンギン画像と、姫路城前の写真を合体させてみました。

Adobe Photoshop MIX編集画面1Adobe Photoshop MIX編集画面2

上の写真はiPadの「Photoshop MIX」です。写真の上の小さな四角2つはレイヤー(画像)の重なり順を表しています。この四角をドラッグして入れ替えると画像の上下が入れ替わります。ペンギン君を切り抜いて姫路城前に放り出してみました。

Adobe Photoshop MIX編集画面3

これではただ貼り付けただけの画像なので、一旦クラウドに保存してPCにバトンタッチします。

Adobe Photoshop MIX編集画面4

PC上でペンギン君の色合い変更や影をつけて、少しそれっぽく加工してみました。導入して1週間そこそこの素人でも、ここまで10分くらいで出来ます。

非常に便利なので勉強しがいがあります。ただ少し残念なのはiPad側で出来る処理は意外に少ないです。今後充実するかもしれませんが、今のところiPad側でザックリ作って、PCで仕上げという工程が必要です。

Adobe Shape CCがイロイロ遊べそう

image1800

iPad用アプリの中で「Adobe Shape CC」というアプリが面白いです。写真や画像からベクターデータ化するソフトです。ベクターデータ化されていると拡大縮小してもキレイなので、そのまま「illustrator」で加工して使うことが出来ます。絵を描くことが苦手な私にピッタリなソフトです。

Adobe Shape CCベクターデータ

上の画像は先ほどのペンギン君の写真をベクターデータ化したものです。ここからillustratorで加工していくことが出来ます。

ただこの「Adobe Shape CC」は他のソフトと少し操作系が違います。アプリ内でAdobeアカウントにログインしていると保存したマイライブラリのデータは自動でクラウドストレージに保存されますが、保存されたデータを呼び出すことが出来るのは連携可能なアプリ上からになります。「illustrator」の場合はメニュー「ウィンドウ」-「ライブラリ」で呼び出すことが出来ます。

最初はクラウドフォルダ内にデータが無いうえ、「Adobe Shape CC」アプリ内では保存先の指定も出来ないので、保存したデータをどうやって呼び出すのか少し悩みました。

image1801

iPad Air2の真価を問うのはこれから

iPad Air2はApple最新の64ビットCPU「A8X」に加え、メインメモリも2GB搭載されています。今回紹介した程度の画像処理ですと、処理もあっという間に完了しました。レイヤ枚数をたくさん処理したり、最新のデジカメで撮影した写真データなどを扱う際に2GBメモリは欠かせないものになりそうです。

今回あまり紹介しませんでしたが、「Adobe Ink & Slide」という純正スタイラスペンも購入しましたので、もう少しつかいこなしてから詳しく紹介します。少し使った印象だと若干書いてる途中にもたつく感じがあります。しかし細かい所は指では限界があるので、ペンは必須アイテムだと思います。ちなみにスタイラスペン使用のために画面の保護シート等は貼らずに使用しています。保護シートを貼って使うともっと感度は落ちると思います。

image1803

10インチクラスのタブレットは、スペック的にも数年はこれ以上大きな進化は無いでしょう。これ以上薄くなったら強度面で心配ですし。ということで「iPad Air2」がおススメですよ。

【関連記事】iPad Air2とAdobe Ink & Slideでフォトショップとイラレが快適 | More-interest.GAME

【関連記事】Adobe学生応援プラン月額980円は年間プランなので注意

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事