PS4(プレステ4)のスペック表をじっくり観察する

PS4(プレステ4)のスペック表をじっくり観察する

この記事を共有する

PS4のスペックがどんなものか個別に確認

image116 PS4のスペック表を観ながら個々に見ていきましょう。 以下がPS4のスペック表です。 ※追記 2016年9月15日 PS4スリム(CUH-2000シリーズ)が発売されましたので、一部内容追加・修正しています。

型番CUH-1000シリーズCUH-1200シリーズCUH-2000シリーズ
Main ProcessorSingle-chip custom processor
CPU : x86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores
GPU : 1.84 TFLOPS, AMD next-generation Radeon™ based graphics engine

※製造プロセス微細化により低消費電力化
メモリGDDR5 8GB
ハードディスク500GB500GB,1TB
外形寸法約 275mm×53mm×305 mm(幅×高さ×奥行き)(最大突起含まず)約 265mm×39mm×288 mm(幅×高さ×奥行き)(最大突起含まず)
質量約2.8kg約2.5kg約2.1kg
光学ドライブ
(読み出し専用)
BD 6倍速CAV
DVD 8倍速CAV
入出力Super-Speed USB (USB 3.0)ポート×2
AUXポート×1
Super-Speed USB (USB 3.1 Gen1)ポート×2
AUXポート×1
通信Ethernet (10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)
IEEE 802.11 b/g/n
Bluetooth® 2.1(EDR)
Ethernet (10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)
IEEE 802.11 b/g/n/ac
Bluetooth® 4.0
AV出力HDMI出力端子
光デジタル出力端子
HDMI出力端子
電源AC 100-240V, 50/60Hz
消費電力最大250W最大230W最大165W
動作環境温度5℃ - 35℃5℃ - 35℃5℃ - 35℃
CPU(APU)やメモリについてはスペック表だけでは語れない部分も多いので、ここでは割愛します。

詳細に確認

HDD 500GB or 1TB

ゲームソフトはパッケージ販売からDL販売へどれほど移行するでしょうか?DL専売インディーズタイトルや、家庭用ゲーム機でも増えるであろうF2P(基本無料)タイトルなどはDL専売になるので、HDD500GBでもそれほど余裕はないかもしれません。※ハードディスクは市販の2.5インチハードディスクやSSDに換装できます。 (追記)2016年9月15日にPS4スリムが発売されました。以下の記事も参考にしてください。

新型PS4スリム(CUH-2000)はかなり良い! 私は初期型のPS4を持っているのですが、新型のPS4スリム(CUH-2000)を買って...

PS4の大きさや重さ

PS4は初期型から比較的小さい本体で洗練されたイメージでしたが、先日発売されたPS4スリム(CUH-2000)を見ると、さらに小さく軽くなったことに驚きます。

PS4搭載の光学ドライブ

BD6倍速CAVです。CAVはディスクの回転速度を一定にするためディスクの内側の記録密度を低くする方式の名称です。PS3の2倍速から6倍速になった代償として動作音は少し大きいです。

入出力端子について

旧型はUSB3.0でしたが、新型PS4スリムはUSB3.1(Gen1)を搭載しています。Gen1とは転送速度の違いを表しており、Gen1が5Gbps、Gen2が10Gbpsです。 AUXポートは外付けカメラPS-EYE接続用。

通信ネットワークの対応規格

有線LANはPS3同様1000BASE-TまでOK。無線LANは802.11ac非対応でしたが、新型PS4スリムでは802.11acに対応しています。当然5GHz帯にも対応。Bluetoothは旧型は2.1止まりでしたが、新型PS4スリムは4.0にアップグレードされています。おそらく最新の部品を採用したら、自然と4.0対応になったのではないかと思います。

AV出力端子

これは一般的な構成ですが、PS4ではアナログ出力は廃止されています。HDMIに関しては、動画の4K出力は可能で将来的にアップデートで4K出力に対応にしたいと、PS4発売前に開発担当者がコメントしていました(非公式コメントです)。しかし発売から2年以上経過し、新型PS4スリムが発売されても、動画の4K出力対応アップデートはされていません。4K出力に関しては、2016年11月発売のPS4 PROのみ対応となりそうです。 またゲーム映像についてはHDCPによる保護は無く、HDMI出力からのゲーム映像のキャプチャーが可能です。

4K解像度(よんケイかいぞうど、フォーケイかいぞうど)とは、横4,000×縦2,000前後の解像度に対応した映像に対する総称である。Kは1,000を表す「キロ」の意味で、横・縦の解像度を意味する4K2Kとも呼ばれる。

PS4の消費電力

旧型CUH-1000番台は最大200Wを超えていましたが、PS4スリム(CUH-2000番台)は最大165Wまで省電力となりました。詳しくは以下の関連記事を見ていただきたいですが、ゲーム中も実消費電力は60W以下となり、排熱ファンの音もほとんど聞こえないレベルを達成しています。

新型PS4スリム(CUH-2000)はかなり良い! 私は初期型のPS4を持っているのですが、新型のPS4スリム(CUH-2000)を買って...

動作環境温度

5℃~35℃、意外に温度の範囲が狭いですがPS3と同じスペックです。日本の夏でもこのくらいの温度は超えそうですがPS3は特に問題なく動いていたのでPS4も大丈夫でしょう。 SCEI、プレイステーション 4の冷却設計について公開。豊富な図解と数値で、騒音などについても言及 – GAME Watch

PS4はやはりお買い得なマシン

この性能のものが4万円以下で買えるのは破格だと思います。これまでの家庭用ゲーム機ではスペックの問題でゲームを動作させるだけで精一杯でしたが、ゲームプレイ以外のSNS連携や動画配信などコミュニケーション部分にも力を入れられ、スペックに余裕がある作りになっています。 今PS4でやろうとしていることの大部分が、すでにPCゲームでは実現できていることかもしれません。しかし家庭用ゲーム機の強みはみんな同じハードウェアでゲームプレイするという点だと思うので、家庭用ゲーム機ならではの楽しさが提供されれば良いですね。

ボーナスやプレゼントでPS4購入を検討されている方におススメ記事 最近PS4のゲームソフトも充実してきました。また機能面でもアップデートに...

PS4関連商品を確認する-amazon

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事