FVNO解禁!総務省NTT東西光サービス卸容認

FVNO解禁!総務省NTT東西光サービス卸容認

この記事を共有する

NTT光コラボレーションモデルで他事業者へ卸売が可能にNTTドコモも利用予定

2014年内開始を目途にNTT東西が準備を進めている、光回線サービス卸「光コラボレーションモデル」を総務省が容認しました。

本日2014年10月8日に承認された「2020年代に向けた情報通信政策の在り方」に記載されているのは以下の内容です。

② 光ファイバ基盤の利活用推進によるイノベーション促進
東日本電信電話株式会社(以下「NTT 東日本」という。)及び西日本電信電話株式会社(以 下「NTT 西日本」という。また、NTT 東日本及び NTT 西日本を以下「NTT 東西」という。)が提 供予定の光アクセス回線の卸売サービスについて、卸売を受けた事業者等が公平に多種多様なサービスを提供できる環境等を整えることにより、4K8K や移動通信の受け皿等としてます ます重要性が高まる光ファイバ基盤の利活用を推進する。

光回線サービス卸を容認する条件として、他事業者との料金について透明性を確保することとなっています。

2015年以降、国内の通信事業が活発に動き出しそうです。当サイトでも「光コラボレーションモデル」についていろいろ書いてますので、興味がある方はこちらもどうぞ

【関連記事】NTT東西の「光回線卸売り」で海外事業者に独占される恐れ | More-interest.GAME

【関連記事】日本の通信が激変?NTT光サービス卸の本当の狙い | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事