Xperia Z3 SIMフリー版は対応バンドから日本では使いづらいかも

Xperia Z3 SIMフリー版は対応バンドから日本では使いづらいかも

この記事を共有する

Xperia Z3のSIMフリー版は日本国内の通信環境に適応するか検証

Xperia Z3 SIMフリー版が海外ショップで販売開始

image1647

私も良く利用する「EXPANSYS」と「1ShopMobile」でXperia Z3およびZ3 Compactの販売が開始されました。ショップにより微妙に値段が違いますが、大体6万円~8万円台で販売しています。SIM形状はnanoSIMですので注意。

ここで販売されているZ3の型番はD6653ですCompactはD5803とD5833。購入時はどの型番を買うか気をつけましょう。

Xperia Z3/Z3 Compact SIMフリー版は日本でも快適に使える?

image1648

ウワサでは10月末に発売されるau版とSIMフリー版の型番が同じだ。と言われていますが、明らかに違うのはフルセグやおサイフケータイはSIMフリー版には搭載されません。他の仕様について、特に通信可能な周波数帯はどうでしょうか?

対応バンドは?

XperiaZ3 SIMフリー版の対応バンドを確認する

現在のスマートフォンの通信は周波数の帯域ごとに細かく区切られて、各通信事業者が使用しています。国や事業者により使用できる周波数帯(バンド)が決まっているのです。端末が対応するバンドと使用予定事業者が持っているバンドが揃わないと快適に通信することが出来ません。

以下はXperia Z3とZ3 Compact仕様書に掲載されている対応バンド一覧です。

型番対応バンド
Z3(D6653)UMTS HSPA+ 850 (Band V), 900 (Band VIII), 1900 (Band II),
2100 (Band I) MHz
GSM GPRS/EDGE 850, 900, 1800, 1900 MHz
TD-LTE (Band 40)
FD-LTE (Bands 1, 3, 5, 7, 8, 28)
Z3 Compact
(D5803)
UMTS HSPA+ 850 (Band V), 900 (Band VIII), 1700 (Band IV),
1900 (Band II), 2100 (Band I) MHz
GSM GPRS/EDGE 850, 900, 1800, 1900 MHz
LTE (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 13, 17, 20)
Z3 Compact
(D5833)
UMTS HSPA+ 850 (Band V), 900 (Band VIII), 1900 (Band II),
2100 (Band I) MHz
GSM GPRS/EDGE 850, 900, 1800, 1900 MHz
LTE (Bands 1, 3, 5, 7, 8, 28)
TD LTE Band 40

以下は現在MVNO SIMが利用可能なNTTドコモとauの使用可能バンド一覧です。

※Yモバイルもnano-SIM対応しましたので、表に追記しました。

キャリア4G LTE3G
NTTドコモFD-LTE バンド 1,3,19,21,28(2015年順次開始)WCDMA バンド 1,6,9,19
auFD-LTE バンド 1,11,18,26,28(2015年順次開始)
TD-LTE バンド 41(Wimax2+))
CDMAなので割愛
Y!モバイルFD-LTE バンド 1,3,8)
TD-LTE バンド 41(AXGP))
WCDMA バンド 1,8

仕様だけを比べるとまずauは3G通信が使えません。また4G LTEもBands 1(2.1GHz帯)のみ対応です。NTTドコモは3Gは2.1GHz帯のみ、4G LTEはBands 1(2.1GHz帯)と3(1.7GHz帯)対応です。

日本で快適に使用するにはプラチナバンド、auはBands 18、NTTドコモはBands 19に対応していないと厳しいです。700MHz帯のBands 28に対応していますが、エリアが整備されるまでまだまだ時間がかかります。

【関連記事】「Xperia Z3」の色々な使い方を妄想してみる | More-interest.GAME

Xperia Z3シリーズは国内版をなんとか手に入れるのが一番か?

SIMフリー版(グローバル版)を入手した方の実際の使用レポートを待つしかないですが、仕様上からも日本での使用は快適と言えなさそうです。

国内で販売予定のau版は複数周波数帯を利用して高速化するキャリアアグリゲーションや、Wimax2+にも対応するようですし、3G(CDMA)での通話も対応します。明らかにSIMフリー版とは仕様が違いそうです。NTTドコモ版も同様に日本に特化した仕様になっているでしょう。

SIMフリー版の仕様を見ていると、「ワザと日本で使い難い仕様にしているんじゃないか?」と思いたくなります。iPhone6のように全バンド対応のSIMフリー版なら速攻購入しようと思っていただけに残念です。

日本国内で快適に使用するにはau版、ドコモ版の白ロムが出回るのを待つか、過去に最新端末セット販売の実績があるmineoでau版Xperia Z3セットプランが登場するのを期待するしかなさそうです。

SIMフリー版購入者レポートを見て、国内でどれぐらい使えるか報告を待ちましょう。

白ロムをお得に手に入れる-ケータイアウトレット

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事

コメント

  1. Y!mobileで比較的安価なSIM単体での販売も始まってますしSoftbankグループでの使用可能な周波数も今後明記していただけるとありがたいです。

    • Ponta より:

      コメントありがとうございます。
      Yモバイルうまく使えれば安くて良いキャリアですね。
      ただ今のところnanoSIM提供していないようですのでこの表には入れていません。

  2. pekopon より:

    実際に、D5803とD5833をMVNO SIMで運用された
    ご感想などいただければ大変参考になります
    よろしくお願いします

    • Ponta より:

      コメントありがとうございます。
      プラチナバンド非対応なので私はグローバル版の購入見送りました。残念ながら試すことが出来ません。
      申し訳ないです。。

  3. Pon より:

    日本国内で販売されていない製品に関しては、対応バンド云々の前に、技適マークの確認をするべきです。
    快適かどうかではなく、技適マークがない=違法な状態で使用することになるという事を明記せず製品の使用を勧めるべきではありません。

    • Ponta より:

      コメントありがとうございます。
      Xperia Z3のグローバルモデルは技適マークが入っているはずです。
      海外サイトで購入しても国内で問題なく利用可能です。

  4. ぼんやりしまちゃん より:

    このページを見ていれば、、、イオンsimを使っています。山間部は電波ほとんど入らないです。。。
    他にソニーの携帯(コンパクトサイズではない)で、19?に対応している携帯ってありますか?

    • Ponta より:

      コメントありがとうございます。
      個人の趣味になりますが、Xperiaでしたら今ならZ5を買うと思います。
      とはいえSIMフリーのグローバルモデルはバンド19対応していませんから、買うならドコモ版の白ロムになりますけどまだ少し高いです。
      ソニーにこだわらなければ、ASUSのZenfone3が安くて高級感もあるので今年イチオシのスマホです。対応バンドも問題無いです。
      参考になれば幸いです。

  5. Takuya より:

    Z3のグローバルモデルをFreetel SIMで使ってますが、やはり山間部では勿論、家の中でも、圏外になる事が多いです。その為、ものは試しymobileSIMを申し込んでみました。またご報告します。

  6. Takuya より:

    ymobileSIMにしてみて、家の中で圏外になる事は無くなりましたが、期待していたほどではないです。国内モデルと比べると電波弱いですね