どっちがいい?格安SIM「3Mbpsで無制限」か「高速通信上限7GB」か?

どっちがいい?格安SIM「3Mbpsで無制限」か「高速通信上限7GB」か?

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

データ通信多めの人に嬉しいプランが登場

MVNOの格安SIMに興味はあるけれど、パケット通信量の上限の都合で乗換を躊躇していた方に朗報です。

日本通信からは高速パケット通信を「上限7GB」まで利用可能なプラン。NTTぷららからは通信速度3Mbpsでパケット通信量は上限なしの無制限利用可能なプラン。とパケット通信量が多い方でも満足なプランが立て続けに発表されました。

しかもどちらも料金は月2,980円(日本通信は税別、NTTぷららは税込)

※NTTぷららのプランはSIMのみ販売は数量が決まっています。受付締切時は次回受付開始を待つ必要があります。

通信速度3Mbpsとはピンとこない方へ

image1530

自分の使用範囲で3Mbpsで充分な場合、NTTぷららのプランは非常に魅力的です。3Mbpsでどの程度のサービスが利用できるのでしょうか?

動画サイトのhuluでも1Mbps以上あれば快適に再生されます。もちろんLINEの音声通話も3Mbpsあれば充分です。ゲームに関してはパスドラなどのゲームは全く問題なし。そう考えると3Mbpsという速度はほとんどの人は満足できそうです。ユーザーが増えた時に実測がどれぐらいでるかがポイントですね。このプランのスゴイところは普通は1日や3日間など短期間で300MB以上通信すると、通信制限がかかったりするのが普通ですが、このNTTぷららの新プランは制限がかかることはないようです。

日本通信は最大7GBまで高速通信可能

image1531

大手キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクが揃って、同じような新プランを発表しパケット上限が引き下げられました。従来のプランで7GBまでキッチリ使っていた人は、新プランではすぐに上限までいってしまいます。そのような方に日本通信の7GBプランは嬉しいですね。大量通信による速度制限は3日間で1GB以上利用すると適用されます。7GBまで使えるからとじゃんじゃん通信していると、200kbpsに制限されますので注意が必要です。

アプリサービスを1か月間ずっと安定して使いたい。という方はNTTぷららが良さそうです。大容量データをダウンロードすることが多い方は日本通信でしょう。私はNTTぷららの方がおススメですが、3Mbps安定して速度が出るのかが気になる点です。

image1532

格安競争を繰り広げていたMVNO事業者各社ですが、これ以上の値下げ競争は消耗するだけですので、高付加価値商品の販売にシフトしてきています。以下の関連記事を参考にしてほしいのですが、MVNOの仕組上特定のユーザーが大量通信すると全体のレスポンスに影響を与える可能性があります。大量通信向けの新プランが吉と出るか凶と出るか興味深いです。

【関連記事】MVNO格安スマホ比較で最初に考慮すべきポイント | More-interest.GAME