Newニンテンドー3DS/3DS LLを2014年10月11日発売

Newニンテンドー3DS/3DS LLを2014年10月11日発売

この記事を共有する

「Newニンテンドー3DS」は価格据え置きでデザイン、3D画面など各種機能強化

任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」「ニンテンドー3DS LL」にニューモデルが登場します。発売は2014年10月11日、価格は現行から据え置きです。

3D画面が進化してどの角度でも快適「3Dブレ機能」

image1494

ニンテンドー3DSは上画面が裸眼立体視対応3D液晶を搭載しています。従来型では真正面から見ないと3Dに見えなかったのですが、新型では多少横から見ても3Dに見える「3Dブレ機能」を搭載。詳しい仕組みは分かりませんが、画面を見ている方向を判断して、そちら向きに3D表示を合わせるような機能だと思います。

また液晶画面に関しては明るさ自動調整機能も追加されています。

※追記
上記の仕組みについて、顔の方向をインカメラで捉えるようです。

ボタン配置が変更、キー追加

image1495image1496

本体右側のボタンの上にアナログ操作用の「Cスティック」が追加、従来のLRボタンの横に「ZR、ZLボタン」が追加されました。また微妙にボタン配置も変わっています。

CPU性能が上がり、各種操作が快適に

CPU性能が上がり各操作が快適になるようです。最近のゲーム機やスマートフォンに比べるとモッサリ感が強かったので、この強化は地味に嬉しい点かもしれません。ニンテンドー3DSのCPUはオリジナルの部品なので、新型でどれほど性能アップしているのか分かりません。「ゼノブレイド」の移植作など新型でないと遊べないソフトも登場するようです。

NFC搭載でamiibo(アミーボ)にも対応

image1497

下画面部分にNFC(近距離無線通信)を搭載しています。先日ゲーム見本市E3 2014向けの動画内で発表されたamiibo(アミーボ)にも対応します。これはキャラクターフィギュアに仕込まれたメモリーにゲームに関するデータを保存し、ゲームのNFCにかざして読み取ることでいろいろな遊びを提供しようという新サービスです。

またNFCを搭載したことで、ICOCAなどICカード決済にも対応する予定です。

New ニンテンドー3DSは魅力的だが、この発売時期はどうなの?

今回のNew ニンテンドー3DSは価格据え置きで様々な機能追加があり、昨日3DS本体を買ってしまった人は相当ガッカリくる内容です。発売日について2014年10月11日ということで、もうすぐ発売の「大乱闘スマッシュブラザーズ」と微妙に発売がずれているのが残念なところ。スマブラと本体同時購入で旧型在庫が捌けるので良いのでしょうが、新型待ち人も続出しそうです。特に新型でないと動作しないソフトの登場は残念です。今回の発表間際に旧型を購入した人や、今後新型発売を知らずに旧型を買ってしまった人は遊べないソフトが登場することは納得いかないでしょう。

しかし、新型の発表をこのタイミングで行う任天堂は良心的です。本来ならスマブラが発売されて、ある程度旧型が売れてから発表・発売する方がビジネス的には正解でしょう。

任天堂も業績悪化しているので、たまには悪どい商売をした方が良いかもしれませんね。

【関連記事】Newニンテンドー3DS「着せ替えプレート」が楽しそう

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事