TwitchをAmazonが買収!Google独占阻止かゲームの将来性への投資か?

TwitchをAmazonが買収!Google独占阻止かゲームの将来性への投資か?

この記事を共有する

買収額9.7億ドル(約1000億円)はお得?

Amazonが映像配信プラットフォーム「Twitch」を9.7億ドル(約1000億円)で買収すると発表しました。TwitchはPCゲームをプレイする方や、PS4のシェア配信を行う方にはなじみの深い、ゲームに特化した映像配信サービスを行っています。

Twitchはゲーム映像に特化しているにもかかわらず、全世界で月間のアクティブユーザーが5000万人もいる巨大スペースに成長しています。Amazonが最近欧米で発売したFira TVはクラウドゲーム機能も備えており、今後のゲーム進出を睨んでの買収かもしれません。

image1482

ゲーム映像配信サイトに9.7億ドルは本当に有益な買収なのでしょうか?一時期GoogleがTwitchを買収するとウワサされ、ほぼ確実と言われていました。Googleが買収すればYoutubeとの連動も可能であり、他社が映像配信分野で追従することが厳しくなります。Googleの独走を阻止する為の買収ということも考えられます。

しかし、そんな独走阻止のための買収などではなく、ゲーム産業の将来性への期待からの投資であって欲しいです。さきほども言ったようにFire TVでゲーム事業を盛り上げるためのTwitch活用であれば、ゲーム産業のさらなる盛り上がりが期待できそうです。現在世界のゲーム市場規模は6兆円を超えると言われています。今後さらに伸びるとの予想もあり、そこにAmazonが目を付けたのでしょう。

Twitchを要したAmazonが今後どのような動きを見せるのか注目です。

ところでTwitchがAmazonに買収されてなにか変わるのか?

Amazon買収で気になるのは、現在PS4や海外ではXbox ONEのゲーム配信が可能ですが、Fire TVからすれば、それら家庭用ゲーム機はライバルであり、配信自体が不可能になる等支障がでないか?ということです。

現時点では買収後もTwitchのオフィス、従業員、ブランドなどは継続・維持されるとのことなので、しばらく何も変わらないはずです。ゲーマーは広く受け入れる方向でないと他のサービスに移行されてしまうので、ユーザー締め出しのようなことは起こらないでしょう。

【関連記事】amazon Fire TV日本発売前にソニーはPSVita TV後継機を出すべき | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事