iPhone6はどのキャリアが一番か?VoLTE、CA対応がカギ

iPhone6はどのキャリアが一番か?VoLTE、CA対応がカギ

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

発売時点では実測値でauとソフトバンクが良さげ、NTTドコモは出遅れ気味?

※iPhone6と6プラスが発売されました。日本向けiPhone6の仕様が判明。NTTドコモ、au、ソフトバンクとも同じ仕様の端末を販売します。決定仕様を元に一部記事修正しました。

2014年9月19日に発売されましたiPhone6/6 Plusですが、日本国内では主要キャリアすべてで発売されるため、結局どのキャリアが良いのか悩みます。そんな方に参考になればと思います。

第一のポイント iPhone6の「VoLTE」対応

VoLTEとはVoice over LTEの略で、高速ネットワークLTE上に音声通話を乗せることで、従来の3G回線より高品質な音声通話が可能です。NTTドコモは音声通話し放題のカケホーダイプランの仕掛け人でもありますので、VoLTE対応エリアの拡大はかなり進んでいます。

以下はVoLTEの高品質通話を分かりやすく説明した動画です。

VoLTEに関しては3社の中で最も不利なのはauでしょう。LTEのエリアは充実していますが、VoLTEもすぐに全域使えるようになるわけではありません。しかもauだけVoLTE通話中に3G回線に切り替えが出来ない仕様です。auだけはVoLTEが全国的に使えるようになるまでは音声通話を3G回線に限定するでしょう。

今回発売されたiPhone6はウワサ通りVoLTE対応でした。しかしiPhone6発売時点では3社ともVoLTE非対応、NTTドコモはエリアは対応するもののVoLTE機能はオフにされています。3社それぞれいつからiPhone6のVoLTE通話が解禁されるのか情報を待ちましょう。

第二のポイント 「CA(キャリアアグリゲーション)」対応

image1471

LTEは複数の帯域を束ねて高速通信が可能な規格です。さらに800MHzと2.1GHzなど違う周波数を同時受信して高速化を図るのが「CA(キャリアアグリゲーション)」です。先行してCAを導入したauは150Mbpsの速度を実現しています。2014年度中に開始予定のNTTドコモは225Mbpsでスタートするようです。ソフトバンクに関してはCA対応に関する情報はありませんが、プラチナバンド900MHzのLTEが始まらないと厳しそうです。

iPhone6はCAで150Mbpsまで対応しています。CAに関してはauの150Mbpsで充分そうです。

意外だったのはWiMAX2+とAXGPにも対応したことです。auならWiMAX2+、ソフトバンクならAXGPによる高速通信が可能です。都内ではAXGPの恩恵が大きいようで、ソフトバンクが実測値で良い成績を出しているようです。

iPhone6はSIMフリー版を買ってMVNOが正解か?

アップルストアで販売される SIMフリー版の価格はiPhone6 67,800円~、iPhone6 Plus 79,800円~です。

SIMフリー版iPhone6を購入すれば、後は自由にSIMを差し替えて利用できる手軽さは非常に魅力的です。IIJ mioが値下げし2GBなら900円、4GBでも1600円程度で利用できます。通話が必要ならば、さらに600円程度上乗せです。2年毎に端末を買い替える必要があるのか?そのあたりも考えてSIMフリー版にするかキャリア契約にするか。3大携帯キャリアにとらわれずにいろいろな方向で検討することをおススメします。

iPhone6用ケース-amazon

【関連記事】2GB 900円時代到来。BIC SIM by IIJmioがおススメ