MVNO格安スマホ比較で最初に考慮すべきポイント

MVNO格安スマホ比較で最初に考慮すべきポイント

この記事を共有する

まずMVNO格安スマホ(SIM)の仕組みを知ろう

通信費を少しでも安くしたい!ということで格安スマホを検討されている方も多いと思います。しかし、2013年末時点で格安スマホ(SIM)を販売するMVNO事業者は161社(MVNO委員会資料より)もあり、どの事業者と契約するか悩みどころです。

そこでまずは簡単にMVNO(仮想移動体通信事業者)の仕組みを知ることからはじめましょう。

image1415

上記の図はKDDIさんの資料から抜粋したものです。携帯電話の基地局から責任分界点(ゲートウェイ)までの設備は携帯電話会社の設備、そこからインターネット網へ抜けていくまでがMVNO事業者の設備です。
最近主流の格安SIMは帯域卸となっており、責任分界点でやりとりするデータ量に応じて事業者間の接続料金が決まります。MVNO事業者の格安スマホが安いのは、限られた帯域にいかに多くの加入者を収容するかにかかっています。

MVNO格安スマホ(SIM)契約時の注意点はたくさんありますが、契約前に最終チェックするべきポイントを紹介します。

理論値と実測値を理解しよう

2014年8月現在、MVNO事業者の回線はNTTドコモまたはauを利用したものが主流です。どのMVNO事業者もカタログ上の通信速度はNTTドコモ系なら下り150Mbps、au系なら下り75Mbps(キャリアアグリゲーション対応端末150Mbps)と横並びです。これはあくまで理論値で、実測値ではありません。責任分界点からインターネット網間、MVNO事業者の設備の出来により実測値が変わります。月額料金だけを比較して契約すると、速度が500kbps程度しか出ないといったことも起こります。

実測値を契約前に知ることは難しいです。ネット上のウワサを見ても、どの時期のものか?使用端末は?など条件により変わります。

初期費用と解約費用(期間)を確認しよう

どうしても「月額」と「利用可能な通信量」に目が行きがちですが、バカにならないのが初期費用と解約費用です。初期費用は大体3,000円程度が主流ですが、各社で違いが大きいのは解約費用(期間)です。MVNO回線の実測値は実際利用してみないと分からないことも多いので、解約のしやすさは結構重要です。解約時の違約金の確認と最低利用期間は必ず確認しましょう。

見落としがち通信量の繰り越しは可能か

少しでも安くスマートフォンを使いたい場合に最も考えるべきことは、自分の利用スタイルを知ることです。毎月どのぐらい通信しているのか。必要のないアプリが常駐して勝手に通信していないか?それらを見直した上で契約プランを決めましょう。大は小を兼ねるで3GBのプランを契約していては、格安スマホ(SIM)を契約するメリットは激減します。

契約時に見落としがちなのが、通信量の翌月繰り越しが出来るかどうかです。通信量1GBまで利用可能なプランで、500MBしか利用しなかった場合、翌月に繰り越すことで1.5GBまで利用できます。最近繰り越し可能な事業者が増えてきましたので要確認ポイントです。

さらに見落としがち通信速度規制の入り方

通信速度規制とは1GBプランの場合は、通信量1GBを超えた際は速度が制限され低速(200kbpsなど)になります。さらに短期間に大量に通信を行った場合にも(3日あたり336MB以上使うなど)速度規制が設けられています。規制については各事業者により対応にばらつきがあります。特に後者の規制については、欄外に小さく書かれていたりしますので注意が必要です。

何故安いのか?仕組みを知ったうえで自分にあったプラン選択を

MVNOの格安スマホ(SIM)が安いのには理由があります。仕組みを知ったうえで自分に合ったプランを選択しましょう。大手携帯電話キャリア3社NTTドコモ、au、ソフトバンクの料金が高いのは、直営店でのサポートが充実して安心して使えることが大きいです。

大手キャリアからの乗り換えを検討される方は、契約後のサポートも考えて検討しましょう。

最初に説明したMVNOの仕組で理解されたかと思いますが、MVNOの回線は加入者全員でシェアしています。加入者が増えればその分回線速度を圧迫します。ネット上には本当の情報とニセ情報が混在していると考えましょう。

考慮すべきポイントがたくさんあり検討が大変だと思いますが、当サイトでもIT・通信カテゴリで格安スマホについて記事をUPしてますので、そちらも参考にしてください。

【関連記事】Y!モバイルとMVNO格安SIMの2台持ちでLINEも通話も快適 | More-interest.GAME

【関連記事】au回線の格安SIM「mineo(マイネオ)」を契約する前に知っておくべきポイント | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事