SHIELD Tabletはゲーム用としてはアレだが、SIMフリー機として魅力的

SHIELD Tabletはゲーム用としてはアレだが、SIMフリー機として魅力的

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

北米・欧州以外は2014年発売予定だが日本発売はあるのか?

SHIELD Tablet ペン操作

グラフィックボードで有名なNVIDIAよりゲーミングタブレット「SHIELD Tablet」が発表されました。画面サイズは8インチでandroid4.4搭載です。ペン入力も快適に行えるようです。WiFiモデルが299ドル、LTE SIMフリーモデルが399ドルです。

※日本国内でも2014年10月10日に4万円前後で発売が決定しました。国内で発売されるのはWiFiモデルです。

NVIDIA迷走中?SIMフリータブレットとしては魅力的か?

SHIELD Tablet ゲームプレイの様子

最近のNVIDIAは迷走しているように感じます。このゲーミングタブレットというコンセプトも中途半端な感じです。上の写真のようにカフェでゲームとか”無い”ですよね。。。

とはいえスペックを見ると8インチタブレットとしては良い製品です。約8インチのiPad miniとスペック比較してみました。

SHIELD TabletとiPad mini Ratinaモデルのスペック比較

機種名SHIELD tablet
SIMフリーモデル
iPad mini
SIMフリーモデル
画面サイズ8インチ約7.9インチ
解像度1920×12002048×1586
本体サイズ
(mm)
126×221×9.2134.7×200×7.5
重量390g341g
メモリ32GB16GB~
利用可能ネットワークNTTドコモのみ?NTTドコモ、au、ソフトバンク
回線利用可能
バッテリー容量5486mAh6400mAh
価格399ドル
(4万円程度?)
51,800円~

価格差もありますし、スペックではやはりiPad miniが良さそうです。とはいえSHIELD Tabletのウリは「Tegra K1」プロセッサを搭載していることですので、iPad miniに搭載している「A7」プロセッサとの性能差が気になります。

SHIELD Tablet メインCPUイメージ

通信回線対応については、iPad miniは日本国内主要キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクすべての回線で快適に利用できます。SHIELD Tabletについてはスペックだけ見ると、NTTドコモ回線は大丈夫そうです。au回線は実際使ってみないと分かりませんが、LTEは使えて3Gは使えないでしょう。国内の通信回線が使えるかどうかは実際試さないと分かりません。もし使えるなら4万円程度で買えるSIMフリータブレットとして重宝しそうです。

わざわざタブレットの画面に映し、コントローラーを使ってゲームをする為に、タブレットを買うか?と思うものの普通のタブレットとしてなかなか優秀なので、「安いSIMフリータブレットでおまけにゲームも快適」という製品を探してたニッチな層におススメ。