新型デミオがカッコいい!国産コンパクトカーと比較

新型デミオがカッコいい!国産コンパクトカーと比較

この記事を共有する

マツダ新コンセプト集大成に新小型ディーゼルエンジン搭載「デミオ-D」

2014年秋登場予定のマツダ新型デミオがカッコいいです。あまり車ネタを扱わないのですが、この車は気になるので無理やりガジェットカテゴリーで。

自動車メーカーとしてはめずらしいと思うのですが、発売前の新型デミオのプレサイトが出来ていました。サイトデザインもカッコイイですね。この車に対する気合の入れ方が伝わってきます。

【MAZDA】デミオ – SKYACTIV TECHNOLOGY搭載車

先日この新型デミオプロトタイプ(試作ver)の試乗会がメディア向けに行われたことで、車系サイトなどで一気に情報が出てきました。やはり車好きが気になるのは1.5リッター新型ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」搭載モデルです。大まかなスペックは下の方にあるスペック表を見てほしいですが、なんといっても太いトルクが魅力です。一般的な排気量1リッター台のコンパクトカーは、登り坂ではアクセルを踏んでもエンジンが唸るだけでなかなか加速しませんが、この新型デミオならガソリンエンジン2.5リッタークラスのトルクに対して、車重が1,100kg程度なので、ストレスなく登っていきそうです。

【追記】1週間ほどディーゼル6MTに乗ったレポート記事を書きましたので、以下の記事も併せてご覧ください。

【関連記事】デミオ ディーゼル6MTに1週間乗ってギア比など気になるポイントチェック | More-interest.GAME

国産代表コンパクトカー「アクア」「フィット」と比較

自分で試乗したわけではないので、走りに関しては他サイトに譲るとして、国産代表のコンパクトカー「アクア」や「フィット」とスペックやサイズの比較をしたいと思います。

スペック比較

 デミオ新型ディーゼルアクアフィットHV(FF)
メーカーマツダトヨタホンダ
価格178万円~175万円~168万円~
全長(mm)4,0603,9953,995
全幅(mm)1,6951,6951,695
全高(mm)1,5001,4451,525
重量(kg)1,130(MT1,080)1,0801,080
総排気量1,4981,4961,496
JC08モード燃費
(km/L)
30.0(MT)
26.4(AT)
37.036.4
最高出力(ps/rpm)105/400074/4,800エンジン110/6,000
モーター29.5/1,313~2,000
最大トルク(kgf・m/rpm)22.4/1,400~3,200(MT)
25.5/1,500~2,500(AT)
11.3/3,600~4,400エンジン13.7/5,000
モーター16.3/0~1,313

やはりデミオのトルクは突出していますね。1500回転で20kgf以上のトルクを発生します。ハイブリッドカーに関してはモーターで走るので、エンジンだけで走る車と単純にスペック比較出来ないのが難しいところ。モーター独特のパワーの出方があり数値以上に走ります。こればっかりは自分で乗り比べる必要があります。

フィットのスペックについてですが、エンジンとモーターが別記になっているのは、フィットは街乗りでは基本モーターで走り、高速など巡航状態になるとエンジンで走ります。別々に駆動するのでそれぞれのスペックを記載しています。

燃費に関して新型デミオは正式発表がされていません。ハイブリッドカーは燃費の数値について有利な値が出やすいので、実燃費での比較が必要です。ディーゼルエンジンは軽油なので、レギュラーガソリンに対してリッターあたり15円程度安くなります。

大きさ比較

国産コンパクトサイズ比較アクア、フィット、新型デミオ

リアの位置を合わせて3台重ねました。手前から「アクア」「新型デミオ」「フィット」の順に重ねてみました。アクアは燃費重視の低い車高、デミオは車内空間よりもエクステリアデザイン重視です。フィットは車内空間重視で車高が一番高いです。

国産コンパクト形状比較アクア、フィット、新型デミオ

少し分かりやすくするためにずらしてみました。
ハイブリッド勢は少しでも空気抵抗を減らすためにAピラー(前面ガラスの窓柱)がかなり寝ています。このAピラーが寝ているとハンドルよりかなり前の方まで死角が出来るので、右折時には気をつけないと少し危険です。新型デミオはAピラーを立たせて視界を確保しています。
リアドア(後ろ)は逆にハイブリッド勢は立っていて、新型デミオは寝ています。立っている方が後部座席を後ろに配置出来ますし、ラゲッジルーム容量も大きく出来ます。新型デミオは後部空間を犠牲にして、デザインを重視したようです。

車内空間比較

新型デミオ

image1338_thumb1

アクア

image1339_thumb

フィット

image1340_thumb

パッと見「フィット」の広さが際立ちます。エクステリアデザインはそこそこに、車内空間を取ったような感じです。アクアは標準的な広さでしょうか?車高が低いので背の高い人は辛いかも。新型デミオは発売前なので、比較できそうな写真が無かったのですが、空間的にはアクアと同等レベルと思われます。ただし、ラゲッジルームはアクアと比べてかなり狭いようです。

【追記】新型デミオガソリン&ディーゼル試乗してきました

新型デミオのガソリン車が発売となり、試乗できる機会がありましたので乗ってきました。

「ガソリン車もいいなあ」というのが第一印象。車内はかなり静かですし、足元の空間が非常に広いので、ミドルクラスを運転している感覚です。ガソリン車の一番安いモデルは車両価格135万円からなので、相当安くお買い得ですね。

さらに後日ディーゼルのオートマに乗る機会を得ましたので試乗してきました。ガソリン車に乗った時の感覚を覚えていたので、乗った瞬間違いが分かりました。トルクの凄さに思わずアクセルを余計に踏み込んでしまいます。車外ではエンジンからディーゼル特有のカラカラ音が聞こえ、車内でも低速時はカラカラかすかに聞こえていました。しかし走り出すとすごく静かです。低回転で最大トルクが得られるため、走行中のエンジン回転数は低めですので、余計に静かに感じるのかもしれません。ちょっと気になる点は上り坂を走っている時、アクセルを少し踏み込むと、すぐキックダウンする感じがしました。このぐらいのアクセル開度なら、そのままのギアでトルクで行ってくれるかな?と思う場面でもシフトダウンしました。試乗レベルなのでもう少し乗らないと分かりませんが参考まで。

また新型デミオの純正DVDプレイヤーは外部出力を持ちませんので、後部座席モニターなど付けられません。そういった車にも後部座席モニターを付けたい方は記事下の関連記事を参考にどうぞ。

まとめ

image1343_thumb1

いろいろ比較しましたが、新型デミオに惚れた人には比較なんて無意味でしたねw。インテリアの質感も外車に匹敵すると評判ですし、雰囲気作りには成功しています。日本車は基本的に効率重視なので、新型デミオのように実用的でさらに乗って楽しい車というのは貴重な存在です。

世界的に見てもディーゼルエンジンの技術ではマツダが突出しているので、しばらくはディーゼル=マツダという図式が続きそうです。

※ディーゼル6MT車に1週間乗った感想は以下の関連記事をどうぞ

【関連記事】車の後部座席モニターに最適なタブレットを探す | More-interest.GAME

【関連記事】デミオ ディーゼル6MTに1週間乗ってギア比など気になるポイントチェック | More-interest.GAME

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事