500円でPSVitaへパケット分け合えるドコモデバイスプラス300

500円でPSVitaへパケット分け合えるドコモデバイスプラス300

この記事を共有する

ドコモ モバイルパック300

NTTドコモユーザーの方はPSVitaへもパケットシェア

NTTドコモユーザーでデータプランを契約の方は「デバイスプラス300」の300円+「mopera Uシンプル」の200円=計500円で、主契約のデータ通信用パケットを分けて使うことが可能です。

最近インターネット回線経由の通信プレイ対応ゲームが増えているので、外でもPSVitaゲームを快適にプレイできます。

このプラン2014年6月1日から始まっていたのですが、全く気づきませんでした。。。

NTTドコモ回線を使うには、PSVita(PCH-1000モデル)が必要

現在PSVitaは大きく分けて2モデル販売されています。

PSVita 新旧モデル

型番PCH-2000PCH-1000
重さ219g279g
画面5インチ 液晶
解像度960×544
5インチ 有機EL
解像度960×544
バッテリー持続時間約4~6時間約3~5時間
通信WiFiのみWiFi/3G

新型PCH-2000モデル発売時に3G通信(NTTドコモ)非搭載のWiFiモデルのみになりました。そのかわり旧型PCH-1000モデルの3G通信対応モデルが継続販売されています。両モデルはほぼ同じ価格です。

先ほど紹介しましたNTTドコモのプランでパケット通信をするなら、PCH-1000モデルを購入しましょう。

格安SIM端末としてもそこそこ優秀PSVita(PCH-1000)

PSVitaで利用できるサービスイメージ

最近MVNO事業者による格安SIMの注目度があがっていますが、このPSVita(PCH-1000)はNTTドコモ回線を使った格安SIMなら利用可能です。
PSVitaだけで通信回線を利用したい場合、高いNTTドコモ回線を利用しなくとも格安SIMで月500円程度から利用可能です。ゲームとWEB閲覧、TwitterやFacebook、Youtubeやニコニコ動画、Huluなども利用可能ですので、2万円以下で買える格安SIM端末としてもおススメです。

【関連記事】PSVita買ったらPSプラス加入がおススメ

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事