サーフェスプロ3は買いか?最大の悩みはこの三角地帯

サーフェスプロ3は買いか?最大の悩みはこの三角地帯

この記事を共有する

Windowsタブレット「Surface Pro3」はかなり優秀

2014年7月17日に日本でもWindowsタブレット「サーフェスプロ3」が発売されました。実機を見たかったのと、盛り上がっているかの確認に何点か回ってみましたが、想像よりは落ち着いたスタートといった感じ。
サーフェスプロ3がどのようなスペックかは以下の過去記事参照願います。

【関連記事】新型タブレットSurface Pro 3(サーフェス・プロ3)はPCゲームにも最適

実機を触った感想は、やはり高いだけあって作りは良かったです。キーボードカバーのタッチ感も好きな方です。ディスプレイの比率が3:2で最近主流の16:9に比べると縦が広めです。WEBサイトなどは基本縦長なので、この比率も良いですね。

ただしサーフェスプロ3をノートPC替わりに使う場合注意が必要です。

やはりこの三角地帯が弱点

image1287

サーフェスプロ3はかなり軽くなったといってもやはりタブレットです。スタンドで立てるので上の写真のように、どうしても三角スペースが必要です。

image1288

もちろんノートPCならこうなるので、後ろにスペース不要ですね。

サーフェスプロ3のレビューなどでスタンドが無段階調整出来るので、ひざ置きでの使用も問題無いとのことですが、ひざからスタンド部分が外れて派手に落ちることを想像すると、私はひざ置きで使う気にはなりません。

ノートPC的にも使えるがやはりタブレットだ

image1290

マイクロソフトは今回の「サーフェスプロ3」をノートPCと比較するシーンが多いですが、やはりタブレットとしての利用が多い方におススメのマシンでしょう。私の感覚ではタブレット形態で8割以上利用するならコレがおススメです。
ノートPC形態での利用頻度が高いなら、素直にノートPCを買った方が幸せになれそうです。

とはいえ、スペック、質感ともに申し分ないので、今私が欲しいガジェットNO.1は「サーフェスプロ3」ですね。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事