ケータイ家族間通話がメインなら、急いで旧プランの契約を!

ケータイ家族間通話がメインなら、急いで旧プランの契約を!

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

各社続々通話定額付き新プランへ移行中、ドコモとソフトバンクは8月中に旧プラン契約を

image1159

NTTドコモの通話定額となる新プラン「カケホーダイ&パケあえる」、それに追従するかたちでソフトバンクは7月より新プランを開始しました。 auは8月13日より新プラン「カケホとデジラ」がスタートします。
通話部分だけを軽く説明すると従来型の携帯電話(折りたたみ式などのガラケー)は基本料2,200円、スマートフォンは2,700円で通話し放題というプランです。Eメールを使用する場合は別途300円必要なので、ガラケーでも基本料は実質2500円です。

以下の記事でも書いていますが、旧プランでは家族間通話とEメールが中心ならば、1500円以下で利用出来ます。しかも一番安いプランでも無料通話1,000円分がついてますので、基本料金の範囲で家族以外にもある程度電話できます。もちろん家族間は通話無料なので電話カケホーダイです。
スマホでネットがしたいなら、MVNOの格安SIMなら通信1GBまでで900円程度からあります。

【関連記事】ガラケー(携帯)とスマホ2台持ちで料金節約&安全に使う

これから主流になる新プランでは、子供に携帯を持たせる場合や、緊急連絡用にお年寄りに携帯電話を渡す場合など、ほとんど利用しないにもかかわらず通話料金分まで払わなければなりません。家族間通話がほとんどで家族以外にはちょっとしか電話しない。という方は旧プランで契約できるうちに急いで契約しましょう。

旧プランの新規契約期限はいつまで?

6月から新プランが始まっているNTTドコモは、2014年8月末で新規受け付けを終了します。
ソフトバンクは7月1日より新プランが開始しますが、旧プランの新規受け付け終了はNTTドコモと同じく8月末です。

※以下追記
旧プランの契約受付終了を11月末まで延長していたソフトバンクですが、さらに延長すると発表しました。旧プラン終了予定は未定です。旧プランは音声通話は少しで、パケット通信を大量に使う人には料金面で有利です。iPhone購入時に新旧どちらにするか選択できるのは喜ばしいことです。(追記終了)

auについては旧プランの新規受け付け終了時期は未定です。auはまだしばらくの間、ガラケーの安いプランが契約出来そうです。

旧プランの新規受け付け終了後は「Y!mobile」か「マイネオ」がおススメ

image1155

旧プラン新規受け付け終了後、子供が習い事などを始めて電話を持たせたい場合、Y!モバイルかau回線のMVNO「マイネオ」の通話付プランがおススメです。

Y!モバイルは前身ウィルコムから引き継いだ、「ケータイプラン」なら1,381円で契約可能です。このプランでY!モバイルどうしは24時間通話無料です。またPHSは通話品質も良いので、VOLTEほどではないものの従来の携帯電話よりはクリアに通話できます。
端末はストレート型が小さくて使い勝手が良いです。カワイイデザインのものからビジネスでも使えるものまで豊富です。待ち受け時間が長いのも嬉しいポイントです。

image1156

image1157

【関連記事】Y!モバイルとMVNO格安SIMの2台持ちでLINEも通話も快適 | More-interest.GAME

もう一つのおススメが「マイネオ」です。こちらは通話定額はありませんが、パケット通信1GBと音声電話も可能で1,590円です。音声電話は緊急用で、家族や友人とはおもにLINEや050電話アプリ「LaLaCall」を中心に使えば割安です。
詳しくは下記関連記事を確認してください。

【関連記事】「mineo(マイネオ)」ケイ・オプティコム au(KDDI)回線を使ったMVNOサービス正式発表

携帯電話各社が推進する通話定額付きの新プランですが、家族や知り合い以外に通話をしない人は大幅値上げですので、ここで紹介した方法も検討してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】スマホ料金を安くするには?細かいこと抜きに簡潔にまとめてみた