PS4の50倍エコPSVitaTVは低消費電力でYoutubeやニコニコも楽しめる

PS4の50倍エコPSVitaTVは低消費電力でYoutubeやニコニコも楽しめる

この記事を共有する

PSVita TVってこれ誰得?と思ったけど便利だわ

image59

PlayStation Vita TV(PSVita TV)は携帯ゲーム機PSVitaのゲームソフトをテレビ画面で楽しめるものです。

PlayStation Vita TV 公式サイト

PSVita TVが発表された時、「PS4発売直前にこのゲーム機ってどうなの?」という感想でした。 PS4の日本発売が2014年2月22日で、PS4発売の3か月前に新ハードを出して売れるのかなあ?と思っていたのです。

しかし、冷静に考えるとすごくアリなゲーム機なんじゃないかと思えてきました。

PSVita TVがアリだと思う理由

PS4のリモートプレイが出来る

PSVitaはPS4のリモートプレイに対応しています。PS4本体で起動したゲームをPSVitaでプレイ出来るのです。

このPSVita TVがあればリビングにあるPS4のゲームを、自室のテレビにつないだPSVita TVでプレイ可能になります。ゲームだけではなくPS4の様々な機能にリモートアクセス出来ます。

PSVita TVならnasne(ナスネ)の録画番組も素早くテレビで観られる

テレビチューナー付NASの「nasne」との連携が強化され、PSVita TVとの相性も抜群になりそうです。nasne上のコンテンツをお手軽にテレビで再生出来るクライアントとしても便利です。

様々な動画サービスに対応するPSVita TV

PSVita TVで様々な動画サービスが使えます。特に「Hulu」と「TSUTAYA TV」はコンテンツも豊富で非常に便利です。アップデートでニコニコ動画アプリにも対応しました。Youtubeはアプリではなく「Youtube TV」のサイトで快適に動画が見られます。

最近テレビに外付けで機能付加する機器が増えてきました。Googleの「Choromecast(クロームキャスト)」やアップルTV。マイクロソフトはアメリカではXBOX360のテレビ対応が進んでいるようで、次世代機XBOX Oneでもその流れを引き継いでいます。

PSVita TVはこういった各社の動きへの対抗製品にもなりそうです。

PSアーカイブスやPSPソフト(DL版)、プレイステーションプラスのフリープレイが遊べる

プレイステーションプラスへはPSVita TV購入と同時に入会するべき。フリープレイが充実しており、ゲームソフトが売れなくなるんじゃないかと心配になるほどです。これで月500円は安すぎます。

PSVita TVにゲームデータを保存するには、高い専用メモリーカードを買う必要があるのが難点ですが、一度ダウンロードしたゲームは再ダウンロード可能なので、常に手元にゲームデータがないと嫌だ!という人以外は専用メモリーカード16GBもあれば大丈夫でしょう。

PSVitaTVは消費電力が低くPS4の50倍エコ

詳しくは以下の関連記事を見て欲しいですが、ゲーム中も動画視聴中も2W台で動作します。PS4でHuluを視聴すると100W近く電力を消費するので、単純計算でPSVita TVの方が50倍エコです。

【関連記事】PS4(プレステ4)他の消費電力を計測、電気代が気になる人は要チェック

安い!

結局はこれです。とりあえず買っとけ的な勢いで買ってしまえる価格。

PSVita TVで対応して欲しいこと

据え置きゲーム機なので家族全員が一台の本体でプレイすることも考えると、アカウント切り替えができるようにしてほしいです。

PSVitaは携帯ゲーム機ですので、一人一台での使用を想定して作られています。しかし、PSVita TVはテレビに繋いで利用する機器であり、アカウント切替は必要な機能ではないでしょうか。

最後に

これでますますPSVitaの背面タッチを使うゲームソフトは出なくなるなあ(遠い目)

【関連記事】PSVita TVのゲーム画面キャプチャー(録画)環境を考える

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事