キングジム「こはる」の意外な活用法!電源コードタグ作成

キングジム「こはる」の意外な活用法!電源コードタグ作成

この記事を共有する

キングジムの「こはる」を使い電源タグで可愛く簡単整理

電源コード間違えて抜くとショックです

image816

電気製品が多い家庭は電源タップに大量のコンセントが刺さっていて、どれがどれか分からなくなりますよね。抜いてはいけないコンセントを間違って抜いた時は結構ショックです。
電源コードを抜くときに、いちいち行先を確認するのも面倒です。そう思う方はやはり多いようで、電源コードにネームタグを付ける製品は結構あります。

image815

専用の製品を買うのも良いのですが、手持ちのアイテムでカワイク整理出来そうでしたのでご紹介。

マスキングテープにテプラのように印字できる「coharu」

image817

テプラを販売しているキングジムの「coharu(こはる)」。この製品はマスキングテープに文字を印字することが出来るラベルライターです。
文房具好きにはすでに有名な製品です。「マスキングテープ」は紙テープですので、貼っても簡単に剥がすことが出来ます。家の中のちょっとしたところにラベルとして貼り、不要になったらキレイに剥がせることがメリットです。
簡単に剥がれるので、たとえば子供の学校の文房具に名前ラベルを貼るような使い方には向いていません。

この製品以下の記事を見て面白そうだと思い購入しました。

マスキングテープに印字する「キングジム coharu」 – ケータイ Watch

本体は非常に小さいです。5インチスマホと並べて見ると、こんなに小さい。

image818

coharu専用のマスキングテープは種類が豊富にあり、購入時には悩みます。私はこの2種類にしました。
マスキングテープが入っている袋はジップが付いているので、テープ未使用時は再度この袋に入れて保管出来ます。

image819image820

単4電池4本で駆動し、電池とマスキングテープをセットするとこんな感じです。

image821

では実際に電源コードに貼り付け開始

coharuは様々なフォントやフレームを使うことが出来て、印字するのが楽しいです。電源コードに貼り付けるため余白部分が必要ですので、12個スペースを入れて印字しました。使い方によって調整が必要です。
こちらが実際印字したところ。

image822

早速電源コードに貼り付けましょう。

image823

image824

image825

どうですか?無骨なPC周りがいい感じに整理されました。これで間違って録画中の「nasne」のコンセントを抜く心配もありません。
coharuを持っていない方は、最近カワイイデザインのマスキングテープが流行りで種類も豊富なので、マスキングテープを購入し、手書きで作成して貼り付けるのも良さそう。

電源コード間違って抜いちゃった経験のある方、一度お試しあれ。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事