PS4用USBメモリ購入時は形状に注意、動画やスクショの外部保存

PS4用USBメモリ購入時は形状に注意、動画やスクショの外部保存

この記事を共有する

PS4の次回アップデートでプレイ動画やスクリーンショットの外部メモリ保存が可能に

image760

2014年3月19日 SCEAが公式ブログで数週間以内に行われるPS4アップデート内容を予告したようです。日本では公式発表はまだありません。
以下のような内容が予定されているようです。

・プレイの動画クリップを編集するためのビデオエディタの追加
・動画やスクリーンショットのSHAREボタンでのUSBドライブへの保存
・HDMI経由のゲームプレイキャプチャーを可能にするためのHDCPオフオプション

注目は動画やスクリーンショットをUSBに接続した外部メモリに保存できることでしょうか。これまではPS4本体内に保存したスクリーンショットはFacebookかtwitterへの投稿、動画はFacebookへの投稿、という形でしか外部へ書き出すことが出来ませんでした。
このアップデートによりUSBドライブに保存した動画を、ユーザーがどこまで自由に扱えるのか不明です。youtubeなどの動画サービスにアップロード出来るのかが気になる点です。
またゲーム画面のHDMI出力に対してはHDCPで保護されていましたが、HDCPをオフにすることが可能になるようです。HDCPとは出力される映像の不正デジタルコピーが出来ないよう、制限をかける機能です。SHAREボタンによる配信は動画編集機能も乏しいので、自前で動画キャプチャーして配信したい方には嬉しい変更ですね。

この他にはSHAREによるTwitchでのリアルタイム配信を、アーカイブ保存可能にする変更もあるようです。
ニコニコ生放送対応も予定されていますし、PS4の機能がかなり充実しますね。

動画やスクリーンショット保存用にUSBメモリ購入を考えている方へ

PS4アップデートによりUSB接続の外部メモリに、動画やスクリーンショットが保存可能になります。お手軽に保存して持ち出すにはUSBメモリが最適でしょう。
しかしPS4の本体形状をよく見てみると。。

image613

デザイン的に溝になっている部分にUSB端子が付いてますので、USBメモリの差し込み口付近が大きいものは直接刺さりません。USBメモリは価格が安いネットでの購入が多いでしょうが、購入時には形状をよく確認して購入しましょう。

image758

上の写真は一例ですが、本体部分が大きめの形状のものは干渉する可能性があります。PS4に差し込めない形状のUSBメモリを使いたい場合は、USB延長ケーブルも用意しましょう。

image759

PS4は書き込み速度が速い「USB3.0」対応なので、USBメモリも「USB3.0」対応が最適です。延長ケーブルを使用する場合は、そちらも「USB3.0」対応品を選ぶ必要があるので注意。

ゲーム関連機能に続き、メディアプレイヤー機能も早く充実させて欲しいところ。

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事