3月から4月はスマホ白ロムお買い得品が出回る時期、格安データSIM乗り換えに最適

3月から4月はスマホ白ロムお買い得品が出回る時期、格安データSIM乗り換えに最適

この記事を共有する

※この記事の情報は古いため、すでに有効ではない可能性があります。トップページより最新記事をご覧いただけます。

More-interest.GAME | サイトトップへ

関連記事

あなたにおススメの記事

MVNO格安データSIMでスマホを使いたい人は3月から4月は要注目

image659

毎年3月から4月にかけては新入生や新社会人シーズンと決算期も重なり、携帯電話各社で他社から乗り換えキャンペーンを展開する時期です。
そうなると0円キャッシュバック付きで手に入れたスマートフォンが白ロム市場に出回ります。MVNO格安データSIMでスマートフォンを使っているまたは使いたい人はねらい目です。市場に同じ機種がたくさん出回ると自然と価格は下がります。

格安データSIMを使うメリットなどは過去記事を参考にしてください。

ケータイ(ガラケー)とスマホ2台持ちで料金節約&安全に使う-関連記事

こういった乗り換えキャンペーンで0円になるスマートフォン代金や、キャッシュバックで支払われるコストはすべて毎月みなさんが払っている料金から捻出されています。2年毎に乗り換えて比較的安い料金で利用している方でも、支払っている料金の一部はこういった販促金で消えていることを念頭に置いて自分自身がどう利用するのか考えることが必要です。

2014年3月から4月に買うのにおススメのスマホ白ロム

では今から買うならどのスマートフォンが良さそうか注目の端末をピックアップ

image452

以前にも紹介しましたが、「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」がいまだにお得感が高いです。
このスペックで25,000円程度で買えるのは驚き。

白ロムAQUOS PHONE ZETA SH-06EがIGZO搭載で凄くお得-関連記事

image655

ソニー「XPERIA Z SO-02E」です。iPhone4Sのように外装がガラスで出来ています。8mmを切る厚さのフラットなデザインで非常に薄いです。薄くて角ばったデザインが災いして、持つと角が痛いという意見もありました。しかし今見ても綺麗で高級感があります。
今現在4万円くらいが相場ですが、この3月から4月にかけて値下りするような気がします。

image656

続いてまたソニー「XPERIA GX SO-04D」です。1万円台で欲しいという人におススメです。今のところ2万円台が多いですが、もう少ししたら1万円台で買えるようになるでしょう。背面が中央にかけて薄くなるアークデザインの端末です。こういうデザインの端末はあまりないのでおススメ。2012年モデルなので安くなりだしたら早めに買わないと在庫がなくなるかもしれません。

image657

最後は「AQUOS PHONE si SH-07E」です。最近の画面大型傾向の中で珍しく画面サイズは4.3インチです。実際お店で触って個人的に気になっている端末で、幅が60mmを切っているので持ちやすいです。操作感もサクサクで凄い良い端末です。人気が高いのか価格は4万円ぐらいで高止まりしています。
もしこの3月以降値下りするならおススメです。まあ高くてもこのサイズ感でストレスなく操作できる端末は貴重なので気に入ったら買ってしまって良いかもしれません。

【関連記事】SH-07E持ちやすいコンパクトスマホがお買い得

以上この春おススメのスマホ白ロム端末でした。
今のドコモ向けandroidスマートフォンの白ロムからおススメするとなると、動作安定性からどうしてもソニー、シャープ、サムスンあたりに限られてきます。少し前の端末でもスペックは十分なので、格安SIMを使ってみたいとお考えの方は検討してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】白ロム「G2 L-01F」スナドラ800搭載で2万円台でスマホセットSIMより断然お得

ケータイ★アウトレット