無線LANルーター「AtermWG1400HP」802.11ac対応、ゲーム機との接続を試す

無線LANルーター「AtermWG1400HP」802.11ac対応、ゲーム機との接続を試す

この記事を共有する

PS4も買ったし家の中の通信環境を一新

最近正式承認されたIEEE802.11ac対応品にすることに

無線LANルーターAtermWG1400HP

PS4を購入してますます通信機器が増えたため、安定した通信を確保するため無線LANルーターを交換しました。 どうせ買うなら現在製品化されている最新規格のIEEE802.11ac対応品から探しました。

無線LANの規格は多岐に渡っており、詳しく説明するとそれだけで相当な量になるので、ここでは簡単に説明します。無線LAN規格IEEE(アイトリプルイー)802.11acという規格は、理論値で最大6.9Gbpsまで対応します。周波数帯は2.4GHzと5GHzを利用するものが一般的で、両周波数を同時利用が可能なタイプから選びました。

一昔前の無線LANルーターは2.4GHzにしか対応しませんでした。私がいままで使用していたルーターも2.4GHzのみ対応です。なにが問題かというと2.4GHz帯は無線LANのほかにBluetoothやその他無線製品(キーボードやマウス)など使用用途が広いので、家の中に2.4GHz製品が増えると、お互い干渉し本来の性能が出なくなります。さらに電子レンジの電磁波の影響も受けやすいです。 それにひきかえ5GHz帯は家庭での利用が最近始まったばかりですので干渉を受ける機器が少ないです。結果安定した通信が確保できます。

購入時に注意が必要な事は、少し古くて安いモデルだと2.4GHzと5GHzには対応しているものの、同時利用ではなくどちらかに切り替えて利用するという製品もあります。同一スペックだと思い比較対象にした時に、他の製品に比べ価格が極端に安い場合などは、さらによく確認して購入する必要があります。

NEC製「AtermWG1400HPイーサコンバータセット PA-WG1400HP/E」を購入

AtermWG1400HP機能説明

迷った挙句NEC製にしました。NEC製無線LANルーターは安定性が高いと評価しています。様々な環境や機器間で利用する製品であり、動作が安定していることは重要です。 上位機種でWG1800HPという製品がありますが、若干実効速度が速い以外に大きな違いもなさそうなのでケチってこちらを購入。

我が家は2階に光回線を導入しており無線LANルーターも2階に設置、1階リビングのテレビラック周りの機器はイーサコンバーターと有線接続です。 無線LANルーター周りの据え置きパソコンやNASNE、その他NASはルーターと直接有線接続しています。 その他スマートフォンやタブレット、携帯ゲーム機(PSVita、3DS)は2.4GHzの無線接続にします。

ルーター交換前と機器間の構成自体は変えずに、ルーターとイーサコンバーターを置き換えました。以前使用していたのは無線LANルーターの親機、子機ともIEEE802.11n(理論値300Mbps)の2.4GHz帯のみのタイプでした。

AtermWG1400HP内容物

イーサコンバーターセットとなっていますが、中身は同じ本体が2台入っています。それぞれ親機、子機の役割を果たします。

我が家ではテレビ周りの機器をこのイーサネットコンバーターにつないで5GHz帯で通信させます。この親機と子機はすでに接続設定済みですので、置いて電源を入れるだけで通信してくれます。

AtermWG1400HP横置き外観AtermWG1400HP壁掛け部分

横置き縦置きどちらでも可能です。WG1400HPは側面が緑色です。上位機1800HPはシルバーっぽい色だったと思います。
裏面を見ると分かりますが、壁掛け設置も可能です。

「AtermWG1400HP」を実際使用してみました。

設置完了したので早速利用してみました。この無線LANルーター非常に多機能ですので、詳細は以下の公式サイトを確認ください。

AtermWG1400HP | 製品一覧 | AtermStation

これまでの経験上、無線ルーターに搭載されている付属機能にはあまり期待しない方が良いです。この機器もUSBポートにUSBメモリやハードディスクをつないでLAN共有する機能などありますが、使用条件によりうまく動かなかったり、転送速度が遅く不満だったりすることが多いです。 素直に専用の機器(NAS)を別途購入した方が、トラブルも少なく満足できると思います。

PS3とつないだ結果(イーサネットコンバーター(子機)経由)

PS3はテレビラックに置いているので、今回イーサネットコンバーター(子機)と有線接続しました。PS3はHULUの動画視聴だったり、PSNの高画質ストリーミング動画再生。またNASNEに録画した動画再生など、家庭内でもかなりヘビーに通信する機器のひとつです。 これまではPSNのストリーミング動画だと頻繁に”バッファ中”というメッセージが出て動画が一時止まることが多かったです。NASNEについても動画視聴中にNASNEと通信が切断されることが多かったです。

今回のルーター交換で効果は出るのでしょうか?以下はPS3のインターネット接続テストの結果です。

【交換前】

  • 下り 38.3Mbps
  • 上り 8.9Mbps

【交換後】

  • 下り 61.9Mbps
  • 上り 52.6Mbps

かなりの速度向上です。実際動画再生してもストレスなく再生されるようになりました。 当然各家庭のインターネット回線の状況やPSNのサーバー混雑具合により速度は変わりますので、変更前と変更後の速度変化について参考に見ていただければと思います。

PSVita(その他機器)と無線接続した結果

PSVitaはゲームプレイの上で通信の不満はなかったのですが、NASNEの録画動画やテレビ番組を見ているとNASNEと通信が切断されてしまうことが多々ありました。 今回ルーターを交換してインターネット接続テストを試したところ、回線速度は上り、下りともに16Mbps程度でした。それほど回線速度は速くないですが、NASNEの動画再生が格段に安定しました。これだけでも今回買った価値がありました。 もちろんPSVitaでのPS4とのリモートプレイも快適に動作します。

家庭内の通信環境が一気に安定しました。しばらく使ってみないと分からない部分もありますが第一印象は良いです。 また、今回のテスト結果はあくまで私の環境での話です。すべての環境で同様に改善するものではありません。

今回の記事が無線LAN環境構築でお悩みの方の参考になれば嬉しいです。

無線LANルーターをAmazonで探す(ad)

スポンサーリンク

この記事を共有する

フォローいただけると嬉しいです

あなたにおススメの記事