PS4のマスタ/サブアカウントの切替とペアレンタルコントロールについて

PS4のマスタ/サブアカウントの切替とペアレンタルコントロールについて

この記事を共有する

コントローラー「デュアルショック4」のアカウント紐づけで楽々アカウント切替

PS4とデュアルショック4分解イメージ

PS4ではアカウントと「デュアルショック4」の紐づけを行うことでアカウントの切替えが楽に行えます。PS3でも同様の事が出来たと思いますが、PS3ではサブアカウント運用するメリットを感じずマスターアカウントだけで運用していました。

PS4はシェアボタンで簡単にインターネットに動画や写真をアップ可能など、子供たちにそのまま使わせるのは良くないと思い「子供用サブアカウント」を作成しました。通常はいちいちログイン画面まで戻って切替えるのでちょっと面倒ですが、この紐づけたデュアルショック4の「PSボタン」を押すだけ切替可能なのは非常に楽です。

PSカメラを使えば顔認識でログインできる

PSカメラ外観

PSカメラ付きを買うと顔認識でログインが可能です。始めにいろんな角度に顔を向けたりしながらPS4に読み取らせるだけで、後はPS4の前にコントローラーを持っていけば自分のアカウントにログインできます。
どのくらいの精度で認識するのかそれほど試してませんのでなんとも言えませんが、女性の方がPS4で遊ぶ時は完全にメークしないと認識しないとかだとちょっと面倒かもしれません。
私は顔認識ログイン設定しましたが、急に認識しなくなってログイン出来なくなったら困るのでパスコードのみにしようか考え中です。

マスターアカウントで購入やダウンロードしたゲームは同一PS4内ではどのアカウントでもプレイ可能

以前の記事でも書きましたが、マスターアカウントのユーザーがそのPS4を「いつも使うPS4」と設定すれば、同一PS4内の全アカウントでマスターアカウントが保有するゲームやコンテンツを楽しむことが出来ます。

PS4(プレステ4)は家族で共有して遊びやすいゲーム機-関連記事

家族で一人PSプラスに入っていればPS4に関しては全員フリープレイのタイトルも遊ぶ事が出来ます。このあたり非常に良心的ですね。

ペアレンタルコントロールの設定内容がPSVitaより劣っている

PSVitaより後発なので当然PSVitaと同様のペアレンタルコントロール機能が付くのかと思いきや、PS4はPSVitaのペアレンタルコンロールほど機能が充実していませんでした。

ゲームやコンテンツの年齢制限に併せた起動や再生制限は良いのですが、PSVitaで出来た使用時間の制限が出来ません。PS4はWii U並かそれ以上にペアレンタルコントロールが充実すると思っていただけに少し残念。

リモートプレイでのアカウント制御について

PSVitaリモートプレイイメージ

上の画像にもある通りPS4をPSVitaでリモート接続すると、PS4もPSVitaも同じ画面が表示されます。液晶画面付きコントローラーみたいな感じです。

マスターアカウントでログインしているPS4をリモートプレイするにはマスターアカウントでログインしているPSVitaが必要です。ここでPS4側をサブアカウントに切替えると、PSVita上に画面は表示されますが操作は出来なくなります。画面右上に「現在(サブアカウントユーザー名)の画面です」的なメッセージが表示されるだけです。

マスターアカウントとサブアカウントどちらでもPS4上でプレイ可能なものは同一アカウントのPSVitaでリモートプレイ出来ました。 要はマスターアカウントでPS4操作中、サブアカウントのPSVitaでリモートプレイみたいな事は出来ないということです。

以上自分の出来る範囲でいろいろ試した結果です。 ペアレンタルコントロールの機能がいまひとつなのは残念ですが、今後アップデートで改善されることを祈りたいです。